2012年05月31日

トラウマ開放エクササイズ in 仙台

アクエリアンさんのブログで素晴らしいWSを案内してました。

http://blogs.yahoo.co.jp/imacoco_mizugameza/15544761.html


神との対話シリーズで有名なnana&Joeさんが
6月に仙台でワークショップを開催してくれるそうです。

TRE(トラウマ開放エクササイズ)は、
簡単な運動で自分の身体の持つ仕組みを使ってトラウマやストレスを
解放できるというもので、世界中の自然災害や戦争のある地域などで
即効性があり効果の高い治療法として評価されています。

この治療法を、去年大変な被害のあった東北へ広めたいと、
今回東北4県の方は無料で受けれるそうです。


愛ある方たちが、こうして来てくださり、
心の開放を導いてくれるのはありがたいですね〜。



詳細・申し込みはこちら

http://kokucheese.com/event/index/38425/



私も行ってみようと思います(^^)
簡単なエクササイズをするそうなので、勉強にもなりそうな感じがするし・・・(^^)



今日も、すべてに感謝です・・・。










posted by Mina at 09:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かみかみ語録

昔から、変なことばかり言ったり、言葉を噛んでばかりの私なんですが…(^_^;)

かみかみ語録をちょっと紹介しますね!


子供たちが小学校の頃・・・
遊びに夢中な2人はなかなか散歩に行かず、
ウィンディが待ちきれずクンクン、ワンワン鳴いてたんです。

しまいに、私は子供たちに怒鳴りに行きました!
『いい加減散歩に行きなさい! ウィンディ、ウィンウィン、ワンワン鳴いてるでしょ!』

子供たち、『ウィンウィンだって〜!』と大爆笑でした…。



コンビニ行くついでに、『セブンスター買ってきて』と主人に頼まれて、
レジに行って店員さんに注文しました。

『セブンイレブンひとつ下さい!』
セブンイレブンの店員さん、固まってました…。



たばこが値上がりした頃、主人に言った言葉
『たばこなんて止めればいいのに!たばこなんて一害あって利益なしだよ!』

『……それ言うなら百害あって一利なしでしょ…』

『ああ、それそれ!』




ねこのもっちが獲物を捕るようにじゃれてるのを見てたら、ライオンみたいだなあって思って、

『もっちってライオン科だなあ…』って言ったら

『ねこ科しかないから…(-_-;)』って突っ込まれた。



ウィンディを呼ぶとき、ウィンディともっちが合体して、
『ウィッチ』と呼んでしまった。
もちろんどちらも反応しませんでした。



以前勤めていた会社で電話を取ったら、外国の方からの電話だった。

やっと名前を聞き取り「ハムニダさんからお電話です」と上司に取り次ぎをしたら、

あとで上司から「青森の浜田さんからだったよ!」と怒られた…。




新しい言葉をよく作ってしまうんだけど、
『意味通じてればいいじゃん〜』ってあとで笑ってすませる私です。



でも、ヨガでもいっつもカミカミで口が回らないのは困ります…

なんかちょっと脳みそ、おかしいのかもですね
ヽ(≧▽≦)/


どうしようもないから、諦めよう〜。



明日もいい日だった!




posted by Mina at 00:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

心の平安

最近は一生懸命ヨーガ修行をしてない私ですが…

毎日必ず欠かさず行うのは呼吸法、いくつかのアーサナ(ポーズ)、
マントラを唱える、短時間でも瞑想、などです。


朝の呼吸法は、必須です。
これやると自分の状態がすぐ分かっちゃいます!
左鼻が詰まっているな…とか、
思考でいっぱいだな…とか、
心が閉じているな…とか。


で、10分くらいしてるとだんだん良い状態に戻ってきます(^-^)

ヨーガ修行する前は、良い悪いの状態さえ分からなかったのに、
今は気の状態や、心の状態も把握できるようになってきました。


朝はマントラのCDを聴きながらヨガをして、
移動中の車ではマントラを流しながら歌います。
心を神聖なものに合わせるようにしてます。

散歩中は修行のための詩を唱えます。
慈悲の心を培うために、
神さまに帰依の心を捧げるために。


大変そうに見えますか〜?


全然そんなことないんですよ(≧ω≦)b


とっても安らいで幸せな気持ちになります。


きっと、禅の修行も、カトリックの修行も、ヨガの修行も
同じ状態を作り出すためのものなんでしょうね。


『心の平安』



平安な心は、神へとつながる道です。



私が毎日ヨガ修行をするのは、その平安や至福を感じたいからです。

だから大変じゃないんです(^-^)/

ただ、日々の生活の中で埋もれてしまいそうになる心の平安を保っていたいから、続けているんです。



あっ、話は変わりますが、
最近よく感じることがあります。



仕事が終わって帰るとき、家が見えてくると、
ああ、あなたはこうして家を持ち、家族を持つという体験をしたかったんだね。


昔の恋人を思い出し、苦しかった思い出が蘇ったとき、
ああ、あなたはあんなに苦しい想いを味わってみたかったんだね。



まるで、別人の体験談を見ているかのように、
別の場所から自分の心を読みとってる私がいるんです。


今の自分の心も体験したくて、環境や状況や心の動きも選択しているんでしょうね。


そんな自分を上空から、優しく見つめ、見守っている別の自分も感じられるんです。


…あなたは、自分の心を選択し、体験してるんだよ。
私はいつもあなたを見守っているよ。



時々、意識を体から離して、別のとこから自分を見てみて下さいね。

幼い子供を見守る母のように。



ヨーガ修行を続けていると、いろんな祝福が降りてきます…。


すべてに感謝です。。



posted by Mina at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

日本語教師をしている友人のお話

中国で日本語教師をしている同級生と5月の連休中に会いました。

小学生の5・6年生の時、同じクラスでよく話をしていたものの・・・
中学では同じクラスにならず、全く話すことはありませんでした。

しかも、彼は中学で通称・不良と呼ばれる存在だったので、
みんなから恐れられていました・・。
噂は絶えませんでしたよ〜!
先生に土下座させただの、校長を呼び出しただの・・・。

でも、私は小学の時、超頭がよくて、笑ってばかりの彼しか知らなかったので
信じられない気がしてました。

そんな彼と2年前の同窓会で再会したものの・・・
仙台には仕事でよく行ってたよ(^^)なんて会話しただけで、
あとは何の接点もないままだったのです。

・・・が、彼がブログをしていることを知り、
お互いのブログを読み合い、時々メールをしたりしてました。
彼は、中国でヨガや瞑想もしていたんです(^^)

で、連休中に山形に行くついでに
仕事でよく行っていた被災地にも行ってみたいとメールが入り会うことになったわけです。

あんなに彼と話したのは小学校以来かもしれません!

この同級生の彼はすごいですよ〜!

彼は、高校には入らなかったんですが、
東京で俳優の仕事をしたり、劇団を作り運営するために、
小さな広告代理店で働いてたそうです。
その会社が大きくなり、役職に就いた頃、
TV局の人たちとの接待とかそんな仕事ばかりの毎日に自分の将来が見えてしまったんだそうです。

そして、40歳になったとき残りの人生でやりたいことを書き出してみた。
その中で、海外に住みたい・・・とういう項目があり、
じゃー、日本語教師になって海外のいろんなとこに行こう!
そう決心して、会社を辞め、日本語教師になるための学校に入ったそうです。

それはとっても難しい試験だし、猛勉強したに違いありません・・・。
でも、1発合格!(中卒では初めてかもしれないって)
すごいです!!
そして、中国に派遣されて、今に至っているんです。

彼は中国と日本を結びたいと強く願ってました。
日本語を勉強しにくる若者達はみんないい子達で
誰ひとり反日感情は持ってないそうです。
彼に対しても中国人はみんな優しいそうです。
私たちはニュースやTVの情報に感化されすぎてるのかもしれないですね。。。

彼はとってもいい先生してるんだな〜って思いました。
彼の授業は、まず教科書をしまいなさいと言ってから始める、
会話中心の授業をする人気者の教師なんだそうです(^^)

小学校の頃からずば抜けて頭が良く、人気者の彼だったから
今もあの頃のままなんだろうな〜て嬉しくなりました。
彼は、ものすごいエネルギーが強い人なので、
そのバランスの取り方や、周りに与える影響のことも考えてました。

彼は俳優をしている時、自己探求の本を読みあさったそうです。
俳優をするには、まず自分というもを知らなければならない・・・
そう思うところが、もうスピリチャルな人ですよね。

だから、ヨガや瞑想の話やスピリチャルな話もいっぱいしました。
彼曰く「時空を超えての再会だったね」みたいなメールをくれましたが、
ほんとにその通りなひとときでした。
あっ、でも彼にはちゃんと彼女もいるから恋愛感情抜きの再会です(^^)

彼も私もある年齢を越した時に、目標を見つけ突き進んだわけです。
私はヨガで、彼は日本語教師。
しかも彼はお金や地位よりもっと違うものを人生で得たいと思った・・・。

彼の話を聞いてると、人生は自分の選択で生きれるんだ!
と強く感じます。

久しぶりの再会、ありがとう・・・まきたん!
これからも応援してます(^^)


最近UPしてませんが、彼のブログはこちらです。

http://nihonnoiitoko.cocolog-nifty.com/blog/



2012年05月23日

先生じゃないのになあ

ヨガレッスンに行くと、皆さん『先生』って呼んで下さるわけですが…

なんだかまだ慣れない私なのです(^_^;)
というか、ヨーガ修行して、自分がどんどん普通の人間だと知る度に、
私はちょこっとヨガができるだけなのに、
先生と呼ばれるほどのもんじゃないのになあ…
って思うのです。


私の周りには素晴らしい方がいっぱいいます。

プロ並みのカメラマンさん、
創作ダンスで舞える方、神の詞を作る方
ホロスコープを見れる方
鶴の一声でみんなを引き寄せれる方
介護の仕事が楽しいと言ってる方
何度もガン手術をしたのに生き生きと仕事して登山もする方
総菜を買ったことがなくすべて手作りする方
プロテニスプレーヤー
学校の役員を心良く引き受け頑張ってる方
愚痴を言わない方
ありがたい…ってすべてに感謝して生きてるおばーちゃん
子供に惜しみない愛を与えている方


みーんなヨガで出逢った方たちです(^-^)/
まだまだ書ききれないほど、私にとって『先生!』と呼びたくなる方ばかりなんです。



ヨーガ修行をしてからは、たくさんの方たちと会ってるときも、道を歩く人達を見てるときも、

『私たちは神様の一片を表現してるんだなあ』って感じるんです。

まるで虹色の魚のウロコのように
キラキラ輝きながら、それぞれが自分を表現しながら生きてる。
そのひとつひとつが神の輝くウロコ。そして、神という魚の一部。

大海の波と表現されることもありますが、同じですよね。


みーんなキラキラと輝きながら生きてる。

苦しみも悲しみも、それさえも、
実はエネルギーを発するキラキラのウロコの一片です。



私もそのウロコに過ぎません。


だから、『先生』じゃないですよ〜(>_<)
って思うんですねー。



今日も『先生』としてではなく、ヨガを伝える者としてレッスンに行ってきます!


神さま、道具としてお使い下さい…m(_ _)m



Hari Om




posted by Mina at 11:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする