2013年03月28日

何者でもない「あなた」

満月が近いせいか、夜空に浮かぶ月がとってもきれいです。

なので、カーテンを全部開けて、月明かりを浴びながら寝てます(^^)

寝る前に、そんな月明かりの中で瞑想をするのですが、
そっと目を閉じて、瞑想を始めると、
1日生活をして、いろんな思考や心が動いて、
心がざわざわと落ち着いていないことを感じます。

するとね、こんなメッセージが流れてくる。

『何になろうとしてるんだい?』

・・・・・?

『何かになろうとしなくていいんだよ。』

・・・・・

『何者でもない「あなた」にもどっておいで』

・・・・ああ、そうだった。

朝、神聖なるものにむかって、
「この心と体をお使いください」なんて祈ったのに、
私、いろんなものになろうとして頑張っちゃってたかも。。。
そうだそうだ、
まずはリラックスして、ここに戻ってこよう〜(^^)

何者でもないものになる。。。
母でもなく、
子でもなく、
妻でもなく、
ヨガインストラクターでもなく、
地球で生きてる、たった1個の原子になる
ただ息をしてるだけの「もの」になる

心の中に空間が広がります。
その空間こそが、神聖な安らぎの空間です。


必要なものは、すべて自分の中にあります(^^)



すべての存在が、いま、この瞬間、安らぐことができますように・・・。







posted by Mina at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

いいトラウマ??

ヨガをしてるとき、「口角をあげて微笑んだ顔にしてみましょう〜」って言います。
こんな顔です。
imageCAVMANCN.jpg
(もっちじゃないよ)

口角をあげると、顔の筋肉が動きますよね。
その筋肉の動きが脳に伝わって、脳は「いま楽しいんだな」って判断して
セロトニンという幸福物質を分泌します。

セロトニンの効果は、
よく眠れるようになる、ストレスに強くなる、心のバランスを保つなど、
癒しの効果があるんですよ(^^)

この話は先日見た「祈り」の映画でもしてました。


でね、昨夜きれいなお月様を見ながら、ふと思いました・・・。

私はいつも笑ってると言われます(^^)
いつから、こんなふうに笑ってるようになったんだっけ?

・・・・・・。

思い出したのが、多分4歳か5歳のときの記憶。
私は小さいころビービーよく泣いてたんですね。
何でも泣けばいいと思ってたくらい泣き虫だった。
保育所に迎えに来てくれた近所のお姉ちゃんたちと遊んでても、
よく泣いて、母のとこに連れてこられた(^^;)

で、あるとき、母にこんな質問したことがあって。
「ねえ、母ちゃん、どんなあたしが好き?」
そしたら、母が
「そうだな〜。泣いてる美奈子より笑ってる美奈子が好きだな〜^^」

・・・・ガ〜ン!!!

けっこう、ショックだったんですね。
そうだったのかああああ!
じゃあ、大好きな母ちゃんのために、笑顔でいようっと(^^)って決めた!

という記憶を思い出しました。
それはきっと、いいトラウマ。(勝手に決めてる、わたし)

だって、それ以降、
なんだかいつも笑ってた気がする。
きっと、セロトニンが分泌されてたのかも。
だって、父がいなくても、貧乏でも、なんだかすご〜く幸せだった。
それに、
お父さんがいなくてかわいそうって思われるのがいやで、
幸せそうに笑っていたかった。

そんな理由の笑顔のときも、
セロトニンは分泌されていたんです、きっと(^^)


母の一言が、いいトラウマを作ってくれたかもです。

やっぱり、すべてに感謝ですね〜、ふふふ。

みなさんも、ぜひ、ねこになって、毎日口角をあげてみてください。

imageCA0ZOXJS.jpg
(もっちじゃないよ)










posted by Mina at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

『病者の祈り』



img_484825_2817574_0.jpg




〜ニューヨーク・リハビリテーション研究所の壁に書かれた一患者の詩〜



大事を成そうとして
力を与えてほしいと神に求めたのに
慎み深く従順であるようにと
弱さを授かった

より偉大なことができるように
健康を求めたのに
よりよきことができるようにと
病弱を与えられた

幸せになろうとして
富を求めたのに
賢明であるようにと
貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして
権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと
弱さを授かった

人生を享楽しようと
あらゆるものを求めたのに
あらゆるものを喜べるようにと
生命を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが
願いはすべて聞き届けられた
神の意にそわぬ者であるにもかかわらず
心の中の言い表せない祈りは
すべてかなえられた
私はあらゆる人々の中で
最も豊かに祝福されたのだ




先日、「祈り」の映画の最後に流れていた詩です。

この詩は、ルッコさんからお借りした自費出版の本「池田道子さんの本」にも掲載されていて、
感動したばかりでした。。。

いろんなことを感じさせてくれる詩です。。。









posted by Mina at 18:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

パカーン!

昨日は、ヨガレッスンが2本ありました。

いつも言っていますが、みんなでヨガをして、
あの心地のいい「場」のエネルギーを共有できるのって、ほんとに幸せです(^^)

帰りに銀行に寄ったんですが、車に乗ろうと歩道を歩いてたら
あの感覚が突如、きました!

ブワ〜っと、ハートのあたりから湧き上ってくるエネルギー!
思考が止まり、そのエネルギーで頭が真っ白になります。
で、もう飽和状態になってしまい、
涙が溢れてきます。。。

歩道を、ゆるりゆるりと歩きながら
「・・・・神さま・・・・なんだかありがたくて、涙が出るんですけど・・・」
って、つぶやいてしまいました。


きっと、ハートがパカーンって開かれる時って
意思に関係なく、突然やってくるんですよね。

みんなとヨガしたりして、たまりにたまった愛のエネルギーが
内側から押し出して、パカ〜ンってハートのドアを開ける感じ。


そんなときは、もう飽和状態になっちゃう。

車運転してても、すべてが感動的になります。
道も、車も、空も、光も、
工事してる人たちも、道を歩いてる人たちも、
すべてが、この世界を彩る美しいもので、
すべてが、この世界をいろんな形を持って体験してる。


そのすべてに浸透してる、大いなる意識(神)を感じる時間がやってきて、
いま、この瞬間、それを目撃してる自分に、体験してる自分に、
感動すら覚えてしまうんです。


その「キター!」という時は、
まさに、ここに、自分の中に、「愛」があることを実感できます。
だから至福なんですね〜(^^)


これ、強力ですよ!

愛されようと、自分を飾らなくていいんです。
だって、愛はここにある。

認められようと、頑張らなくていいんです。
だって、愛はここにある。


誰もが、み〜んなハートの内側に、涸れることのない愛を持ってる。


すごいですね、神さま。。。。。





すべてに感謝です。

















posted by Mina at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

「祈り」〜サムシンググレートとの対話〜

昨日は、仙台で初上演、それもたった1日。

「祈り」〜サムシンググレートとの対話〜  
を観てきました!!!

ホームページ、上映スケジュールはこちら

http://www.inori-2012.sakura.ne.jp/

筑波大学名誉教授、村上和夫博士
医学博士、ディーパップ・チョプラ
細胞生物学者、ブルース・リプトン

など、堂々たる方たちが、
科学的に「祈り」の効果を証明し、解き明かしていく映画でした。

祈りや瞑想、笑い、愛や感動、ポジティブな心の働きが遺伝子に影響を与えるんです。

共感するとこがたくあんあって・・・
今私がヨガを通してやっていきたいことが盛りだくさんでした(^^)


「願い」と「祈り」の違い。
「願い」は個人的な願望ですが、
「祈り」は自分のためじゃなく、他者や世界のために願いますよね。

私たちは、自然に祈りを捧げているときがあります。
その「祈り」の量子場のエネルギーは、
時間や空間を超えてちゃんと伝わっていくんだそうです。

アメリカでこんな実験がされたそうです。
東海岸に住む方たちがグループになって、西海岸の入院してる方たちのために祈った。
西海岸に入院してる方たちはもちろん知りません。
なのに、西海岸で入院してる方たちの症状が
東海岸で入院してる方たちよりも、あきらかに改善してったそうです。

祈りの効果は、された本人が自覚してなくても、ほんとに効果がでるんですね。
しかも、グループや大人数で同じ意識や対象を持って祈ると
すごい効果がでるそうなんです。

映画が終わると、上映会が開かれている全国4か所で同じ時間に
地球に「祈り」を捧げる実験がされました。
結果はどうか分かりません。。。
でも、私は時々ヨガレッスンのとき、
両手を床につけて、みんなで地球に愛のエネルギーを送る瞑想をします。

ああ、そうなんだな。
ヨガや瞑想をみんなですることで、
私たちは自然と「祈り」や「癒し」の量子場を作っているんだなあって、改めて思いました。



白鳥哲監督が言うように「世界は祈りでひとつになる・・・」
想像は創造につながり、それは必ず実現していく。


15年先の未来は、
私たちの心や意識が創造し実現されていくのだと思います。


「祈り」も「感謝」も誰もができます。
お金を出す必要も、怒る必要も、出し惜しみする必要もありません。
むしろ、心があったかくなり、この世界を変えていくことができます(^^)


ひとつの細胞を作るのって、何兆億分の1という確率でしか作れないそうです。
そんな細胞を私たち人間は40億もこの体に持ってる!!
生きているだけですごい奇跡なんです。
もう、サムシンググレートに感謝するしかないですよね・・・。


今日もすべてに感謝です。。。







posted by Mina at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする