2015年08月28日

見てる

今日の朝、スタジオレッスンに向かう運転中。
道路脇に植えられてある木々に目線がいきました。

その大きな1本の木と目が合いました(意識が合いました)
すると・・・
『見てる』

と話しかけられました。

????????
「見てるっなんだ????なにを見てるって??」

意味不明なまま運転してると、妙な感覚におちいりました。。。

私の目を通して、木々が風景を見てた!!
いや、
木々だけじゃなくて、もっと大きな存在が私の目を通して世界を見てた!

自分の身体が乗っ取られたような感覚になり、
畏怖のような恐怖さえ感じました。

そのうちに、ハンドルを持ってる手もアクセルを踏む足も、
自分じゃない別の何かが動かしてる感覚になりました。

「私をどこに連れて行くんだー!」
でも数分後にはその感覚に慣れてきて、なんとか集中して運転しながらも、
別の感覚がやってきました。。。


ああ、そっかあああ。

「わたし」が動かしてると思ってるこの体、
本当はもっと大いなる存在が動かしてるんだった。

「わたし」の目を通してこの世界を見て、
「わたし」の手を通してこの世界を触っている。

そんふうに感じながら自分の手を見て、指をかすかに動かしました。

すごいな〜!!!
この指を動かしてる!
この世界を見てる!
ハンドルを握ってさわってる!
ここで生きてる!
呼吸をしてる!!


ものすごい感動が波のように押し寄せてきました。
涙が込み上げてきました。


やっとスタジオの駐車場についてレッスンに向かったのですが、
足が宙に浮いてる感じでふわふわしてました(^^;)

参加されてる皆さんに
「今日私とってもいい感じなんです〜!って言っても訳分からないですよね(^^;)」って言ったら笑われました。ぷぷぷ

「手が動くだけでも、呼吸をしてるだけでも、幸せで涙が込み上げてくるんです」と言いながら、
ブッダの生誕地に行った時の「あるがまま愛されていた」号泣体験の話をしました。

何を話したのかよく覚えていませんが(汗)
みなさん微笑みながら聞いてくださってました(^^)



しかし、運転中にああいう感覚になるのはとっても危険だと思いました。
でも、それはいつも突然やってくるんですよね(^^;)


大いなる存在は、
私の目を通して、あなたの目を通して、動物の目を通して、在りと在りうる目を通して世界を見てる。
そんなふうに感じた今日の体験でした。。。















posted by Mina at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スピな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック