2011年08月06日

自宅で集中瞑想 その17

10日間の集中瞑想のあと・・・

祭壇に飾られている仏陀の写真をふと見ました。

ヴィパッサナー瞑想センターでは、一切お金を取らず
ただただ人の幸せを願い瞑想法を伝えています。
真理を体験し、苦から自由になり、真に幸せになるための道を教えています。

すばらしいなあ・・・と心から思いました。

そして2500年前、すべての人の苦しみを救いたいと
真理の道を説いた仏陀を思いました。

仏陀は何の見返りも求めなかった
何の栄誉も尊敬も求めなかった

体にまとう布1枚と托鉢のおわん1個のみで、真理の道を歩き続けた。
ただただ、すべての人々を苦から救いたいという思いだけだった。

雨の日も、風の日も、その思いのみで説き続けた。
なんという慈悲の心なんだろう・・・


熱い思いがこみ上げてきて、

号泣しました。


2年半前、仏陀の生誕地ルンビニに行ったとき以来の号泣でした。

きっと、心が真理に触れ、
仏陀の愛に心が触れたから・・・。


嗚咽して泣きながら、思い出しました。
遠い昔、私も一人の僧で
仏陀のように人を救うために生きていたときがあったことを。
純粋な心を持っていたときがあったことを。
仏陀の説く道を歩いていたときのことを。


今生でも、真理の道を歩きたいと願い生まれてきたはずだった。
でも、ヨガに出会うまで、真理の道に出会うまで、
ずいぶんと長い時間を費やしてしまった・・・。


「すべては心」


自分の心を解き放ち、真の自由と幸せを得るのは、自分にしかできない。

「自分」だけが「自分」を幸せにできるのだ。


私に何ができるだろう・・・・

真理の道を歩き続けること。
たくさんの人の幸せのためにお手伝いをしていくこと。

それだけだ・・・。


こうして、私は自宅での集中瞑想を終えました。
ここまでくるのに、
たくさんのご縁があったことに心から感謝しました。

ヨガを始めたこと、そしてヨガ修行を始めたこと、
それがあったから、「すべては心」という原点を体験することができました。

道はまだまだ続きます。
これからも、わくわくしながら、心には愛と平和を感じながら
生きていきたいなあと思います(^^)


余談ですが、2週間はほとんどヨガのポーズなんてしてなかったんです。
太陽礼拝5分くらいかなあ

でもね、体が2週間前より、なめらかで柔らかくなってました!
今までできなかったポーズができるようになってたり!

心のしこりが取れていくと、体も自然に柔らかくなるんだなあって実感しました。


長い瞑想レポートを読んでいただき、ありがとうございました(^^)



すべての人が、幸せでありますように・・・・。


posted by Mina at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅で集中瞑想 その16

7月29日

午前10:00〜の瞑想

瞑想前にアーサナ(ポーズ)をとっていたら
ものすごくエネルギーが高まっているのが分かった。


呼吸に意識を向ける

全身にエネルギーが満ちていている・・・

呼吸に意識を向けるほどに、気が満ちていく・・・

全身が性感帯になったように敏感になっている。

吸って・・・
吐いて・・・

その度に、全身に歓喜がやってくる!

うわ〜〜〜〜!

なんだこれは〜〜〜!

ものすごい快感が走る

感じすぎて、呼吸ができないぞ!!

変になりそうなくらいの快感が押し寄せる!

もうおかしくなっちゃいそうだ〜〜〜

もうやめて〜〜〜




・・・・ただ見る
・・・・反応しない


少し落ち着く。


でも、やっぱり快感がグワ〜〜〜〜っとやってくる。


息を吸ったり吐いたりしているだけなのに、
全身が性感帯になったような快感と高揚感・・・!


もう我慢しきれなくなって、一度目を開けて落ち着かせました・・・。




多分、ずっと瞑想をしていて、体と心が浄化されてきてたんでしょうね。
最終日は、呼吸をするだけで、気道を浄化するエネルギーが
歓喜となって感じられたのだと思います(^^)
でも、この歓喜はまだまだ粗雑なエネルギーのようです。







posted by Mina at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

自宅で集中瞑想 その15

7月28日

体全体をはっきり感じている。
意識がはっきりと目覚めている。
「いま」を見ている。

せみの鳴き声が、ただの鳴き声ではなく、
とても大きな波動になって感じる。
体の波動とせみの鳴き声の波動が共鳴しているような感じ。
音というより、大きな波となって感じる。

すると、溶解したはずの体、
皮膚があったところに、空気の波動が、これまた大きな感覚になって感じる。
すべてが、とてつもなく大きな波動だ。

全身の感覚が100倍になってしまったような感じで、
なんとも言えない、すごい気持ちよさがある。

心の動きの流れがない、
まさに「いま」に、この瞬間に体と意識が目覚めているような感覚。

心地良さとか、幸せとか、快感とか、喜びとかとは違う。

『ボン』と爆発する「いま」という瞬間を、

はっきり、くっきり感じているという感覚。

瞑想で「静」の状態でありながら、ものすごい「動」の瞬間を生きている感覚。

これが今を生きるということか・・・

全身全霊で「いま」に目覚めているとき、
そこには苦しみもなく、憂いもなく、あ〜幸せだと思う心もなく、
ただ、生きる『力』のようなもの、純粋なエネルギーだけがある。


そう感じた瞑想でした(^^)



posted by Mina at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅で集中瞑想 その14

7月25日

早朝の瞑想

2日くらい前から、頭頂部から順番に意識をむけていくと、
すご〜く気持ちいい感覚に包まれます。

ものすご〜く、気持ちいい。

あいかわらず、頭頂部は池のようになっていて、
光のつぶつぶが浮かんでいきます。


やがて、体の右半分が消えていき、
左側も消えていき、
最後に残った頭も消えていき、霧のようになりました。

そして、心地のいい空間だけが残りました。


7月27日

瞑想に集中しだすと、体が熱くなってきます。

反応しない・・・
「体が熱い」とサティ(気づく)

鼻から吸ったプラーナが体の細胞と触れるとき、熱を発しているようだ。
細胞の中でプラーナが動き回るとき、熱を帯びていく。

体が燃え立つように熱くなる!

でも、反応しない・・・
ただ見る・・・

ふと、眉間に意識が集まる。
この体の微細な状態を観ているのは、アージュニャーチャクラ(第3の目)だと感じる。
肉眼には見えない、霊的な状態をアージュニャーが観ているんだ・・

でも、反応しない・・
ただ見る・・・

ナーダ音がずっと聞こえる
リーーーーン、リーーーーンといった、長い静かな音だ。

反応しない・・・


熱い、熱い、体が燃えるように熱い。


(そんな熱さを感じる瞑想でした)


posted by Mina at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅で集中瞑想 その13

7月24日

早朝4:30〜の瞑想

朝日がとても美しい朝でした!
太陽礼拝を始めます。
合掌して祈ります。
「生きとし生けるものすべてが幸せでありますように」

呼吸法もしてから瞑想を始めました。

・・・・・・!
集中できない!

前日長男が福島から急用で帰ってきたのですが、
ほんの4時間くらいしか家にいなかったにもかかわらず、
ずっと二人で話してたんです(^^)
3ヶ月ぶりに会ったので、福島勤務の様子などをいろいろ聞きました。

するとね・・・
その新しい刺激が心の養分になるみたいで、全然集中できないのです。
やっぱり、心の断食をしないとダメなんだなあ・・・って思いました。


その日、ちょこっと昼寝をすると、おもしろい現象がおきました!

夢をみました。

佐藤浩一が先生で私が生徒。
そして、恋愛をしているんです!
これ、多分最近始まった警察官のドラマを息子が見ているのをチラッと見たからです。
ありありとリアルな夢で、
夢の中のきれいな風景や、心地良い風や、蚊取り線香の匂いなど
まるで現実世界のようでした。
そこで、お互い切ない恋をしているという夢でした(^^;)


夢から覚めると、分かったんです!

瞑想中、刺激のない生活をし、心に栄養を与えず、心の反応を止めていたわけです。

すると、心は夢の中で、ありありとした心の動きを作り出し、ドラマを作ったんですね。
生きるという実感や体験を作りたがるんです。

なんだか、笑っちゃいました。

切ない思い、恋心、どうにもならない苦しみなど、心が求めるんですね〜。


この人生も、こうやってドラマを創り上げているんだなあと思いました。
いろんなこと体験したくて、夢を見る。
夢の中で体を作り、心を作り、リアルな夢を見る。

でも、夢から覚めてみると、それは実体のないただの夢なんだ。


神さま・・・
調和のとれた幸せな夢を見たいと私は思います。

と心の中でうぶやきました。




posted by Mina at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

自宅で集中瞑想 その12

7月23日

早朝の瞑想の続き

この世界で生きてるということは、夢をみているようなものだ

エネルギーそのものである粒子を集め、DNAの記憶を使って
体というものを組み上げる。
体が感じる感覚によって、心の動きを作り出し、自我を与えていく

この世界で意識し、感知し、感覚することのできる「体」という媒体を作り、
反応する「心」を作り出す。

そして、この世界(夢)を体験する力を与えるのだ


夢が見たいからだ

リアルな夢を見たいからだ



何者が??



・・・・分からない。
・・・・でも、私であって私でない。私であって私を包括する全体のようなもの。




ただ、エネルギーの素粒子で体というもの、心というものを形成して
リアルな夢を見たかった。
いろんな体験をしたかった。


自我でもない、体でもない、心でもない・・・
もともと「ここ」にある「何か」が意図していた。


夢から覚めたら、光になるだけだ。
ただ光があるだけだ。
でも、
瞬間、瞬間、エネルギーは体を作りだし、心を作り出す。
どんな心を作り出すかは、自由選択なのだ。


苦しみのある夢を体験したければ、
小さな心の反応を、苦しみという塊にして作り出していく。

愛のある夢を体験したければ、
小さな反応を、愛という塊にして作り出していく。

そうして、心というものを作り出していく。
自分で、この人生という夢を作り出している。


すべてはエネルギーが作り出す夢の世界だ。
でも、どんな夢を作り出すかは、自分次第。
心は、とらわれがなくなれば限りなく自由だ!
意図した心を作り出し、そのままの夢を見ることができる。


なんという自由!
なんという幸せ!



だから、笑みがこぼれる。
自分で選択し体験できる幸せ。
もともと光であり、もともと安らいでいることを内側に感じる平安。


BE HAPPY!
今を幸せに生きれるんだ!


生きとし生けるものすべてが幸せでありますように・・・。


posted by Mina at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅で集中瞑想 その11

7月23日

早朝瞑想の続き

瞑想中に心と体が溶解していくと、
体があったところに、何かのエネルギーのモヤモヤとしたものが見えてきました。

心が作り出したものかどうか「消えろ」と暗示をかけてみます。

でも、消えない。

そのモヤモヤはすごく高いエネルギー。

やがて、モヤモヤが光ってきます。

すると、胸の辺りが光が凝縮されていくような感じになり、
その凝縮されたエネルギーが前方へ引っ張られるように伸びていきました。

胸の前方に何かが映しだされているような・・・

白く光る球のようなものがあります。

それは激しく光るわけでもなく、
でも、とてもきれいで透明感のあるような白い静かな光の球でした。

ゆるぎないもの・・・

心の本性・心の本質・心の元・・・?

うまく表現できないけれど・・・

純粋で、きれいで、何かに映し出されるきれいな光のようなもの。
これが、心の動きや反応をすべて取り去った、
心の芯か・・・・

言葉でもなく、感覚でもなく、体験して得た確かなもの
ゆるぎなく確かなもの
うまく表現できません。

ただ、この純粋なる光の球は、すべての人の本質で、
誰もが、心の本質にあっては、純粋で、安からで、幸せなんだということ
誰もが、幸せな心を作り出していけるんだということ

・・・そう感じました。


もし、この光が心の本質ならば、

「私」「あなた」などの区別など元よりなくなる
何の隔たりもなく、
「私」と「あなた」は光でつながるんだ・・・


と、あとで思いました。


生きとし生けるものすべてが幸せでありますように・・・
心からそう思いました。


その後、「魂の科学」の本で調べたところ、
私が見た白い光の球は善性優位の心素」というもののようでした。
かいつまんで読んでいるので確かか分かりません(^^;)
心素は真我の宮殿といわれているようです。



posted by Mina at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

お詫び

昨日の夜は集会所ヨガ、今日はFUSIONでレッスンでした。

7月16日以来、ほとんど半月ぶりのレッスンでした(^^;)

皆さんに、「お帰り〜」「京都どうだった?」と聞かれるたびに

「風邪ひいて行けなかったんです・・・」と答え、

皆さんにいろいろ迷惑をかけてしまったことに
申し訳ない気持ちでいっぱいでした・・・。

そして、予約をしていたのにキャンセルしてしまった
京都の瞑想センター「ダンマーバーヌ」にも、
迷惑をかけてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

・・・そうだ、お布施しよう!

そう思い、電話で、迷惑をかけてしまったことを深くお詫びし、
せめてお布施だけでもさせてくださいと振込先を聞いたところ、

「申し訳ありません。一度でも参加したことのある方からしか寄付は頂いていないんですよ。
お気持ちだけでけっこうですから、今度また参加してください(^^)」

と、女性の方がやさしく対応してくれました。


そうなんです。ヴィパサナー瞑想は10日間の経費を一切請求しないのです。
10日間の瞑想が終わると寄付やお布施という形でお金を受け取ってくれるのです。

瞑想センターにいる方たちはすべて無償でボランティアをしてくれています。

この素晴らしい瞑想に出会った方たちの無償の愛で運営されているセンターなんです。


ああ、やっぱり参加したかったなあ。。。
と、また、かなり落ち込みましたが・・・

いつか必ず行こう!と心に誓いました。

家で集中瞑想なんていっても、10日間の瞑想コースに比べたら、
天と地との差があるのです!!

だから、集中瞑想レポートも、
決してヴィパッサナー瞑想の本当の体験ではないことを
ここで強く言っておきます!!

本にも書かれてあるように、
「この本は瞑想法の独習書ではない。
この瞑想法を学びたければ、それなりの環境が整い、
きちんとした指導者のいるコースに参加してほしい」とあります。

興味を持った方は、ぜひとも10日間コースに参加してみてください(^^)





posted by Mina at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅で集中瞑想 その10

7月23日

早朝5:00〜6:15の瞑想

太陽礼拝と呼吸法をしてから瞑想に入ると、
体がなめらかで気が通っているのが分かりました。



体とは実体のないものです。
まるで霧のような微小なエネルギーが生成消滅を繰り返しています。
それはエネルギーの渦のように動いています。


心も実体のないものです。
最初に「何か」を意識し、知覚し、感覚になる。
それに反応するのが心。
その小さな反応に刺激を与え続けると、
大きな反応になっていき、
やがて、それは渇望や執着になっていきます。

心の浄化はまだまだ続きました。

心の底から、他人と比べる思い、否定する心が浮き上がってきます。

反応せず(刺激という栄養を与えず)
ただじっと見ます。。。

それらは、形のないものです。
そして、それらは大きくなった反応の塊です。

反応しない・・・
ただ見る・・・

すると、それらは、紙をクルクルと巻いていくように小さくなっていき、
やがて消えていきました。

もともとは小さな反応に過ぎなかったのです。
嫌悪も執着も批判も、小さな小さなエネルギーの反応だったのです。

心はいろいろなものを作り出します。
小さな反応を大きく大きくしていきます。
それを「自分」=「自我」と思わせるように。。。

でも、その大きくなってしまった反応を、
ただじっと見つめ、
刺激という栄養を与えなければ、やがては消えていくのです。

だんだん、心も体も、
静かなエネルギーの流れ、静かなエネルギーの湖になっていきました。

体の右半身が砂のようになくなっていき・・・
左半身も消えていき・・・
最後は何もなくなっていきました。


心が静まっている状態、
「自我」というものを生成しないでいる状態、
ただの静かなエネルギー状態、
でも、意識ははっきり目覚めていて、
何もかも、クリアーな状態。

これが「空(くう)」なのか・・・・

と、あとで感じました。





posted by Mina at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

自宅で集中瞑想 その9

7月22日

朝8時40分

洗濯物を干しながら、蕃山を見ると、
曇り空にプラーナがたくさん見えました。

心の中の反応や判断をなくして蕃山を見ると、
今までと全然違って見えるのが分かりました。

とても、クリアー!!

心をクリアーにして、ただ見る!ということが、

こんなにも嬉しい・・・

ただただ幸せ・・・

自然に笑みがこぼれてしまう・・・


心がいろんなものから解放されると、こんなにも心がクリアーだ。

なんて幸せなんだろう!

心の条件付けが取れることが、こんなにも幸せなんだろう!



posted by Mina at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅で集中瞑想 その8

7月22日

早朝
4:30〜6:00の瞑想


この日から、瞑想の前にヨガを取り入れました。
ヴィパッサナー瞑想センターではヨガは禁止されていますが、
本には、周りにいる人への刺激になるからで、
ヨガは瞑想の準備運動としてはとてもよいものだと書いていたからです。

東向きの部屋で、朝日に向かって太陽礼拝をしました。
体中の気道が開き、流れていく感じです。

ゆっくり、ゆっくり、体に意識を向けながらヨガをしました(^^)

朝日がとてもきれい。
世界がオレンジ色の神聖な空気で満たされていくようでした。

その後、呼吸法もして、瞑想に入りました。


瞑想にすぐ集中できました。

呼吸・体に意識を向けていきます。

体の痛み、それに反応する心の動き。

長くは続かない・・・反応しない・・・観察する・・・

過去の思いが浮き上がってきます。

執着・エゴ・体験を求める渇望・罪悪感・・・

それに反応すると、鼓動が少し早くなります

ただ見る・・・


すべてがサンカーラだ。
起きた事象に反応していただけだ。
過去のサンカーラを引きずり、持ち続けていただけだ。
今生きるのに必要ないものだ。


浮き上がってくるものすべてが、過去のカルマのサンカーラだ
どんどん泡のように消えていく


内側の湖の底がどんどん透明な光の空間になっていく。
何も浮き上がってこなくなっていく。


反応しない、カルマをつくらない・・・
すると、心の底が浄化されていく
はじめてすべてが浄化されていく


・・・こうして心を解放し、あけわたし、すべてを捧げればいいのだ


「神に心をあけわたす、それしか道はないのだよ」

師の言葉が響きました。




posted by Mina at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅で集中瞑想 その7

7月21日 

18:00〜19:00の瞑想

体の細部に集中・・・。


体の細胞は『生』を作り出している
体というものを形成している


心は体に反応する
例えば、
足が痛いと、座っているのが辛いなあとか
お腹がなれば、何か食べたいなあとか


そんなときも、
すべては長くは続かない・・・
反応しない・・・
ただ見る・・・


やがて、今の体の状態に心が反応しなくなると
過去の反応が浮き上がってきます

過去のいろんな反応です

それもただ見ます

集中し出すと、「ただ見る・・・」という言葉もいらなくなります

ただ泡のように浮き上がってくるのを「見る」のみです


心の奥底が何もないものになっていきます


体がある

心があるが、止まっている(反応しない)



すると、

体の後ろに立っているように、
また、体を包み込むように、
仁王様のように立っている影のようなものが見えます。

「体と心にエネルギーを与えているものだ・・・」と感覚で理解します

エネルギー体・・・

体の細胞にエネルギーを与え、心の動きにもエネルギーを与えているものだ。。。



10日間の瞑想を終えてから、
この影のように立っているものを調べてみました。

スワミ・ヨーゲーシヴァラナンダ氏の「魂の科学」という本。
瞑想で体験する様々なことを詳細に書いている本です。

私が瞑想で見たものは「微細体」というものだと分かりました。


「自分」「私」と思っている体も心も、
ものすごく精妙なエネルギーなんだなあと感じました。






posted by Mina at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

自宅で集中瞑想 その6

7月21日 

早朝4:00〜5:00の瞑想


アーナパーナ瞑想から、ヴィパッサナー瞑想に移行しました。

呼吸に向けていた意識を、今度は体に向けていきます。

まずは頭頂部に意識を向け、ただ「見る」ことに集中します。

頭頂部が光っていて・・・
頭の上からもこもこと白い物が出ています。
白子のような・・・白い泡のような・・・
なんだ、これは??

いやいや、反応しない・・・
ただ見る・・・

部分部分に意識を向けると、いろんなことに気づきます。
重たいとか、痛いとか、何も感じないとか。

でも、反応せず、ただ見るのです。。。

反応しない・・・
痛みは長く続かない・・・
すべては変化する・・・

すると、痛みもかゆみも、確かにず〜っと続くわけではないことが分かります。

そう、すべては無常なのです。。。
生まれては消え去るのです。。。


けっこう、順番に体に意識を向けることができました(^^)




9:00〜10:30の瞑想


頭頂部に意識を向けると、
頭頂部が池のようになっていて、液状になっていた。
その池に左斜め上から、七色の光が差し込んでいた・・・

反応しない・・・・
ただ見る・・・


手先や、足先が冷たい。

冷たい・・・と見る。


すると・・・・
体が左右に揺れ始めました。

心が命令してるわけではありません。

しかも、円を描くように回って揺れるんではなく、
(瞑想時に、右回りによく回ったりします)
海の中のわかめのように、ゆらゆらと揺れています。

体を見ます。。。

まるで伝達ゲームのようです。
腰のあたりの細胞が背中やお腹の細胞に揺れを伝達します。
背中の細胞は、もう少し上の細胞に・・・
胸の辺りの細胞に・・・
肩の細胞に・・・
首の細胞に・・・
頭の細胞に・・・

といった具合に、順番に伝達していくから、
まるでゆらゆらと海草のように揺れるのでした(^^)

そう、それぞれの細胞が意識をもって伝えていくんです。

気持ちいい・・・
でも、心は反応しない・・・
すべては現象・・・
すべては生まれては消え去る・・・


やげて、体の揺れがおさまると、手足の冷たさや寒さはなくなっていました。

体の細胞は、自らを温めようとしていたようです。
それぞれが意識を持って。


体中が塩のようなつぶつぶになって、
やがて、白い光のつぶつぶになって、回り始めました。
すべてのつぶつぶが回っている。
プラーナのように動き回っている。




瞑想を終えると、
私の体の細胞ひとつひとつに感謝の思いがこみ上げました。

呼吸を続けている限り、こうして体の細胞は動き続けているんだ・・・。
この体は、数十億の意識の集合体なんだあって。






posted by Mina at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

自宅で集中瞑想 その5

長時間座って瞑想することは体的にはキツくなかったです。

ヨガのアーサナ(ポーズ)は元々、瞑想を長時間できるように
体のバランスを保ち、集中力をつけるためのものだからです。

ただ、心はなかなか大変でした(^^;)

10日間のヴィパッサナー瞑想では外界との接触を絶ち、
他人との会話も絶ち、ただただ自分の内側を内観します。

つまりは「心の断食」です。

心の栄養になるもの、刺激をいっさい絶って瞑想するのです。

私は自宅で瞑想でしたが、「心の断食」が必要だということは
体験で分かりました。

ほんの少しの情報が心の刺激になるからです。

例えば、息子が部費のお金をネットでカード払いしなくてはいけないと言い、
それに伴い、カード番号を入力し支払ったわけです。

ここで心はこんな反応をします。

「もし私が京都に行ってたら、支払いができなかったじゃん!」
「やっぱり行かない方がよかったんだよ」

と、こんな風に、瞑想するとすぐ出てきます。
新しい情報はすぐに心が飛びつくネタで、それはただの出来事にすぎないのに、
独自の判断、自分勝手な反応をするのです。

エゴがすぐ顔を出します。
自分に都合のいい言い訳や、自分を肯定しようとするエゴです(^^;)

・・・・で、呼吸に意識を向けるなんてできなくなるのです。


心が反応すること「サンカーラ(ヒンズーではサンスカーラ)」といいます。


「ヴィパッサナー瞑想の最大の目的は、
いかにして反応しないでいるか、
いかにして新しいサンカーラをつくらないか、を学ぶことである」本文より


それには、「心の断食」というものがどれほど重要かが身にしみて感じました。


『すべてのサンカーラは無常である。
この真理を悟ったなら、苦から脱却できる。
これが心の浄化の道である。』本文・仏陀の言葉より


瞑想中いろんなものが出てきます。
でも、瞑想によって、心の癖を知り、その癖を浄化していくことができるのです。


・・・・反応しない
・・・・すべてはただ起こり、ただ消え去る


これが、瞑想中、ずっとずっと、繰り返し言い続けた言葉でした。








posted by Mina at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅で集中瞑想 その4

20日、早朝4時の瞑想の時


早朝は瞑想に集中しやすい。
呼吸に意識をおく。

集中・・・集中・・・

お腹の奥のほうが苦しい。
そこに意識をもっていくと、息子に対する罪悪感がありました・・・。
いろんな記憶が浮き上がります。

息子が小さいころから、寂しい思いをさせた。
出かけることが好きな私は一人でいろんなとこに出かけた。
最近では、ヨガ合宿やネパールツアーや、今回はヴィパッサナー瞑想も。

2週間ほど前、息子と話しているときに、
私が留守ででかけているとき、けっこう長男に意地悪されたんだと聞いて
すごくビックリしました。
長男もきっと寂しさや不安があったからだと思いました。。。

私はなんて自分勝手だったんだろう!
そう思うと、今まで何も言わなかった息子に
心から申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

前日の夜、自分の部屋が暑いといって私の部屋にきた息子は、
いつの間にか、私の布団で一緒に寝てしまっていました。
何年ぶりに一緒に寝ただろう・・・。

きっと心細かったし、寂しかったんだろうな・・・。
地震から4ヶ月、毎日のように余震が続く中、
私だって、今生の別れになったらどうしようと不安を感じていたのだから。

そんないろんな不安が私の体調不良を招いたのかもしれません・・。



瞑想しながら、体がどんどん熱くなり、
お腹の奥から熱いものがこみ上げてきました。
まるで、それらの思いを焼き尽くすように消化していくのが分かりました。


すべては変化していくのです。
今まで気づかなかった心の奥底にあったもの。
じっとそれを正面から見る。

すると、隠れようがなくなった罪悪感はスルスルと消えていくのでした。


ここにいればいい
今はこれでいいのだ
今はここにいていいのだ


もうお腹の奥にあった罪悪感や熱さは消えていました。


こうして、ここで、瞑想し
愛を育めばいい


心の枷(かせ)が外れていきました。


ありがとう・・・・

息子に対する感謝でいっぱいでした。



ゴエンカ氏の言葉より
『この道は自己浄化の道でもある』

ヴィパッサナー瞑想入門より
仏陀の言葉
『一人一人が自分自身の島になりなさい。
自分の避難場所になりなさい。それ以外に避難場所はない。
真理を自分自身の島にしなさい、真理を自分のよりどころにしなさい。
それ以外によりどころはない』




posted by Mina at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅で集中瞑想 その3

20日、アーナパーナ瞑想

呼吸に意識を集中します。

鼻から息を吸っている・・・
鼻から息を吐いている・・・

思考を入れない、心を反応させない、ただ観照するのです。


・・・足がかゆいぞ
・・・肩が痛いぞ

集中できるもんじゃありません(^^;)

でも、本に書いてあるように、それらは絶えず変化するもの。
長くは続かないのです。


鼻から吸っている・・・
鼻から吐いている・・・

集中していくと、体の痛みやかゆみは感じなくなっていき、
呼吸はすごくゆっくりな浅いものになっていきます。

体の反応がなくなると、今度は思考が始まります。
ヴィパッサナー行けなくなったこと、言わなくていいのかな・・・
仕事をすればよかったかな・・・

はっ!
呼吸に集中だった!

今度は、寝落ちするのか、一瞬夢を見ます。

はっ!
呼吸に集中だ!


呼吸に意識を集中して、見ていると、
左鼻に意識が偏っていることに「気づき」ました。
左鼻からだけ、呼吸をしているようでした。

・・・そこでなぜ?とか思考を働かせないようにします。

呼吸に集中です。

やがて、心の中で吸う・吐くといった言葉をイメージしなくても
呼吸を見ることができるようになってきます。

ひたすら集中です。。。

すると、
やがて体の感覚がなくなり大気に溶解していく感じになりました。
(これは、普段の瞑想でもよく感じることです)

今回は、それもひたすら観照します。。。

体がツブツブになっていました。
体の細胞がすべて小さなツブツブの霧のようでした。
霧のようなものが、体があった場所を覆っている・・・

手であること
足であること

微細な細胞が、手であろうと、手を形成していく
微細な細胞が、足であろうと、足を形成していく

微細な細胞はDNAの記憶を持っていて、
その記憶によって手を形成し、足を形成し、目を、唇を、肌を形成していく・・。

微細な細胞が死滅し、また再生しながら、体というものを形成していく。
ツブツブの霧のような微細なエネルギーが体を形成していく。

それらのエネルギーはそれぞれが意思をもっているように
DNAの情報に基づいて細胞を形成していく。

体は個体じゃない。
ただの集合体だ。。。

瞑想の中で、体という輪郭を意識するのは困難です。
深く瞑想していると、手の感触も足の感触もない。
ただ、体を形成しているエネルギーを感じる(見る)だけ。

やがて、

心臓の音、音というよりエネルギーの流れを体全体に感じました。
その流れが、足というもの、手というもの、頭というものの輪郭を感じさせました。

バクン、バクンという押し出すエネルギーは体の末端まで流れていく。
呼吸を続けている限り、この心臓は動き続ける。
DNAの記憶によって、宇宙が作った青写真がDNAに描かれているから。
そして、宇宙エネルギー・プラーナによって、この心臓は動いている。


この体は精妙な機械だ。
心の動きがなくても、ツブツブのエネルギーが体というものを形成し続ける。
呼吸をしている限り形成し続ける。。。




注:瞑想中はこのような言葉は浮かんできません。
  瞑想から戻り、しばらく目を閉じて、その体験を思い起こし、
  言葉に翻訳して書いていきます。


アーナパーナ瞑想は、かなりの集中が必要で、
毎回瞑想をすると、1時間〜1時間半くらいは経っていました。

でも、かなり疲れました(--;)






posted by Mina at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅で集中瞑想 その2

7月19日

朝から、ゴエンカ氏の本を読み直しました。
そして、その日の夕方から瞑想を始めました。

ヴィパッサナー瞑想では、最初の3日間はアーナパーナ(呼吸に意識をむける)瞑想をします。

私もまずその瞑想に取り組みました。

私はいままで、いろんな瞑想をしてきたので、集中力はかなりあると思ってました。

が、しかし、

呼吸に意識を向ける呼吸は超難しかった。。。。
マントラを唱えながらとか、一点集中の瞑想とは違い、

ただひたすら、呼吸を意識する・・・見る・・・というものです。


とにかく、これは、最初1分集中してることさえ難しかったです(^^;)
これ、3日間もするのか・・・・。ハー・・・・。


すると、ふっと・・・
ある言葉が、私にふってきたのです。

『ダルマを信じなさい』


この10日間の集中瞑想の間、ずっと私を支えた言葉です。

これは人間で最初に悟りを得た、仏陀の言葉です。
ダルマ(ヴィパッサナーの本の中ではダンマ)とは、真理・自然の法則という意味です。

ヴィパッサナー瞑想は仏陀が悟りを開いたとされる瞑想法です。

ダルマ・・・真理を信じなさい・・・

この言葉は私の心の奥にある何かを奮い立たせてくれました。








posted by Mina at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅で集中瞑想 その1

実は・・・
ヴィパッサナー瞑想、京都に行けなかったんです(;;)

3日前くらいから喉の痛みや微熱が続いていたのですが、
夜行バスに乗る当日は咳も出だし、生理痛に低血圧(上86、下38くらい)という体調不良が続き・・・
ぎりぎりまで迷った末、なんと、キャンセルしたのでした。

10日間、参加した皆さんに咳などで迷惑をかけたくないという思いと、
猛暑の中、夜行バスに乗りついで山奥まで行く体力に自信が持てなかったのです。


せっかく仕事を2週間休んで、代行レッスンもお願いしたのに・・・・!

そんな私に、主人が「家で瞑想すればいいさ」と一言・・・。

よし!そうしよう!

私は、ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想の本をバイブルにして
(この本は4年くらい前に購入して読んでいた本です)
10日間集中瞑想をすることに決めたのでした。

51C3AXM5J0L__SL500_AA300_.jpg


京都の瞑想センターと似たような状況で瞑想することにしました。

家族とだけ、必要最低限の会話をし、
本はヴィパッサナーの本のみ、
PCも見ず、携帯で一切メールもしない。
食事は2食、
朝、4時に起きて、瞑想をすることにしたのです。
家族は朝7時半くらいに出て夜8時くらいに帰って来るので、
その間、家で瞑想する時間がたっぷりありました。

こんなに集中して瞑想したのは初めてでしたが、
かなりたくさんの気づきを得ることができました(^^)

京都の瞑想センターでは、書くということも禁止されているのですが、
私は毎日、瞑想の体験をレポートに書きました。

その体験記を少しづつ書いていきたいと思っています。


この10日間の瞑想で得た体験を一言で集約するとしたら・・・


『すべては心』

心と体というものを、ただひたすら観照し続けた瞑想。
なんだか生まれ変わった気がします。

この10日間、何度も何度もこの本を読みながら
私なりの集中瞑想しただけなので、正確なヴィパッサナー瞑想ではないと思います。
それでも、素晴らしい体験でした!
だから、いつか必ず機会を作って、
10日間瞑想センターに行きたいと思います。



生きとし生けるものが幸せでありますように・・・・




posted by Mina at 13:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 自宅で集中瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする