2009年04月20日

ネパールの旅 その6

2008_0317画像0011.JPG


ホテルの屋上から見たカトマンドゥの町です。

きれいな町ですが、排気ガスがすごくてマスクがないとのどがすぐ痛くなります。
ネパールは計画停電をしているのですが、夜10時くらいから朝の4時まですべての電気が消えてしまい、ろうそくで生活をします。

ホテルの部屋にはろうそくとマッチが用意されていて、廊下や階段にもろうそくの明かりが灯ります。
驚きなのは、レストランや市内のお店屋さんもすべてろうそくの明かりになるのです。
不便だけど・・わたしは好きでした!
日本の温泉にも「ランプの宿」がありますが、ネパールは毎日が「ランプの宿」状態!
ポカラで泊まったときも町がまっくらになったのですが、星空がとてもきれいだった!こんなに星があるの〜?って思うくらいたくさん見えました。

電気も使えない原始的な生活ですが、かえってそれが良かったな〜
国全体が計画停電をするってすごい国だな〜って感じました。

食べ物もおいしかった!
けっこう一緒に行ったみんなは体調悪くして寝込んだり、香辛料が合わなくてお腹こわしたりしていましたが・・・
私は全然平気でバクバク食べてました。
超辛いのも大丈夫で、野菜の料理が多かったので、すごく食べやすかった。

町の中は牛が歩き回り(牛は神聖なんです)犬はゴロゴロいたるところに寝転んでいます。
とにかく自由な国でした。
どこか懐かしいような、時間がゆっくり流れているような、話す人たちも優しかった。
一度買い物をしたところで、名前を聞かれて「MINA」と答えると、その店の前を通ったとき大声で「Hi,MINA!」と手を振って呼ばれたりします。
みんなすごく親しみやすい。
もう一度行ってみたい国です。

posted by Mina at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ネパール ヨガの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

ネパールの旅 その5

ネパールの子供たち.jpg      ルドラクシャ.jpg


ある寺院に行って祭壇にあるシヴァ神に私も祈りを捧げようとしたら、修行している子供が近づいてきて、マントラを唱えながら私の額にティカ(赤い粉)をつけてくらました。
「ティカ」はお寺に参拝に行った時などにつける赤い粉で、長寿や         無事を祈り、女性の守護力を姉妹から兄弟へ与えるという意味があります。

シヴァ神の隣には小さな祭壇があり、修行している3人の子供たちが座ってました。
ティカをつけてくれてありがとう!とそばに寄ると、みんな笑顔で話してくれました。
今から瞑想をするとこだったらしいですが、何処からきたの?とかいろんな話をしていたら、ひとりの子供がネックレスを首にかけてくれました。
「You are siva, present for you.」
「えっ!これもらっていいの?」
驚いて子供に返そうとしたのですが、
「いいんだよ、もらって」
と言うんです。
名前を聞かれて、「Mina」と言うと
みんな口々に名前を呼んでくれました。

「おとといルンビニの仏陀の生誕地に行ったんだけどすごくいい所で
泣いちゃった」と話すと、

「え〜!仏陀ー?  だってMinaはシヴァでしょう〜!」
なんて、笑いながら答えます。
みんな目がキラキラ・・・すごくきれい!

マントラを唱えてほしいな〜ってお願いしたら、少しだけ唱えてくれました。
子供とは思えないほど、深い気持ちのいいマントラでした。

あっという間に時間が過ぎて、その子たちに何度もお礼を言いながら
さよならしましたがなんだか離れがたい場所でした。

日本に帰ってからネックレスを調べてみました。

「ルドラクシャ」とはヒンディー語で菩提樹の実のことを言い、数珠や首飾りなどに使用されます。この菩提樹の実、「ルドラクシャ」は日本では馴染みが薄いが、ヒンドゥー教徒、特にシヴァ派と呼ばれる人たちにとっては重要なアイテムである。「ルドラ(RUDRA)」とはシヴァ神を指し、「アシュカ(ASHKA)」は「目」や「涙」という意味を持っている。シヴァが深い瞑想に入っている時に流した涙がこの実になった、又はシヴァ自身であり、シヴァが大切にしているものと様々な説がある。

このようなことからこの実は非常に神聖なものであり、縁起がよい。男女、地位、年齢問わず、誰でも身につけることができ、持っていると罪は洗われ、悪いことは全て払拭されるなど絶大なパワーを発揮する。

ルドラクシャの首飾り!
また、菩提樹の樹と縁のあるものでした。

もう一度あの子供たちに逢いたいな〜


 

posted by Mina at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ネパール ヨガの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

ネパールの旅 その4

ヒマラヤ.jpg       サランコットの丘からの日の出.jpg

朝4時に起きてポカラから、サランコットという展望台へ登ります。

だんだん空が明るくなり、ヒマラヤの山々が朝日に照らしだされ見え始めます。右の写真:朝日が神々しく昇り始めると、ヒマラヤの山々もきれいに輪郭を出し始めました。
1ヶ月くらい、ずっとヒマラヤが見えなかったそうですが、前の晩に1ヶ月ぶりに雨が降ったおかげで、きれいなヒマラヤを見ることができました!

ルンビニで心を浄化されたので、ますますヒマラヤの山々が美しく、神々しく感じました。

世界はこんなにも美しく、光に満ちている・・・!

タグ:ヒマラヤ
posted by Mina at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ネパール ヨガの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

シンギングボール

シンギングボール.jpg

ネパールでどうしても買いたかったシンギングボールです。


シンギングボールの音色は、深く低く、そして、徐々に波打つような倍音となり、その響きは、心の平穏へと包み込みます。

その音は「風の谷のナウシカ」の虫笛に似ています。

チベット高僧が静寂の中で魂を研ぎ澄ますため、心と共鳴する手段として、
また、人々の心を癒す音色として、古くより多くの人々に親しまれています。

古来より、人間と音とが調和することにより、いつでも、どこでも、強い精神を保つことができるといわれています。
時として不安な気持ちを幸せな気持ちに、そしてゆったりとリラックスした空間へ導いてくれます。

ネパーから帰ってきてさっそく試してみました。
ヨガを始めるときに正座をして目を閉じて合掌してもらい、このシンギングボールを鳴らしていきます。

徐々に倍音で響いていく音・・・
この音が大好きです。

生徒さんも「すごく気持ちいい音で、心が落ち着き穏やかになってからヨガができました〜」と好評でした。

でも実はうまく鳴らすのが難しくてかなり練習しました・・・
集中力や鳴らすコツが必要なんです。
でも、やっぱり買ってきてよかった!


posted by Mina at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ネパール ヨガの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

ネパールの若社長に感嘆!

ヨガの話や仏陀の話など、ずいぶん宗教的に感じる方も多いかと思いますが、私はどんな宗教にも属してません。

ネパールで私達のお世話をしてくれた旅行会社の若社長がいたんですが、彼はとてもかっこいい27歳のネパール人で、自分で会社を経営しているやり手です。近藤雅彦とキアヌ・リーブスを足して2で割ったような感じ。人なつっこくていつも明るい!

彼に質問されたことがありました。
「あなたは仏教を信じているの?」
ルンビニで泣いている私やヨガに通う私を見て思ったのかもしれません。
「いいえ、違いますよ〜。あなたはどうですか?」

彼はこう答えました。
「僕は仏教でも、ヒンズー教でも、キリスト教でもない。
神は自分の中にいるから。」

私も答えました。
「私も同じです!」

こんなにもあっさりと「神は自分の中にいる」と答える彼に驚きましたが、すごい!と思いました。
この若さですでに悟っているのかな・・・だから会社を経営して忙しいながらも、こんなに明るく楽しく生きて、周りの人たちに気遣いや優しさをあたえられるのかな・・・

私も彼のように、自分に自信を持って生きたいな〜と感じました。

この若社長に何度か大笑いされた事件がありました。

その1
バッグ事件

ホテルで朝食を取ったとき、パスポートや財布を入れたバッグを持ち歩いているので、いすにぶら下げて食べていました。
朝からバイキングでたくさん食べて、バナナもあったのであとでお腹がすいたときのために持っていこうと思いました。
部屋に戻るとき、片手にバナナを持って中庭にでたら、同じ部屋の仲間にバッグ忘れてるよ!と呼び止められました。
私はバッグを持たず、バナナを忘れずに持ってきちゃったんです。
大笑いされてしまいました・・・!

その2
わたあめ事件

50人乗りくらいのセスナに乗って移動する時のことです。
私の隣に若社長が座っていました。
離陸してからスチュワーデスさんがトレイにあめとわたあめを運んできてくれました。あめにわたあめなんて、なかなかいいスウィーツだな〜なんて思いながら、どちらももらいました。
さっそくわたあめを口にぱくリと入れました。
あれ!?
なんだこれ?
ただの綿じゃん!
ぺっと慌てて口から出すと、若社長が
「それ食べたの?」とびっくりして言いました。

実はその綿は耳栓にするためのものだったんです・・・

もう若社長も私も大爆笑でした!



posted by Mina at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ネパール ヨガの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

仏陀の愛

菩提樹.jpg

ルンビニにある仏陀の生誕地です。
日本にいたときから一番行きたかった場所です。
行って分かりました。
ああ・・私はここに導かれていたんだな・・・って。

あたたかいやさしい風が吹き、空はきれいに晴れ渡り、
大きな菩提樹の下でたくさんの人が祈りを捧げていました。
私も同じように祈りを捧げました。

涙があふれて止まらなくなり、しまいには声を出して泣いてしまいました。
言葉ではうまく言い表せないけれど・・・
ものすごい愛に包みこまれていました。

体の奥から、心の奥底から、ものすごいエネルギーがこみ上げてくるんです。
何も考えられず、ただただ感じている。
自分が自分でなくなり、
大地を感じ、風を感じ、空を感じ、
平和で静寂・・・
大いなる愛に包まれている。
ここは天国ではないだろうか・・・


これが仏陀の愛か・・・

仏陀は苦しみからの解脱を説いていました。
大いなる愛は内なる自分とつながっている。
自分の内側に大いなる愛を感じることができれば、
世界はこんなにも美しい天国になる・・・

その時は泣きながら、ただただ感じていました。

その場所から離れたくなくて・・・
何日でも何ヶ月でも、静かに座っていたいと感じました。
その場所は瞑想しなくても、いるだけで瞑想状態になるのです。
究極の瞑想状態、大いなる愛を感じること。

日本に帰ってくるとなかなかその感覚を思い出せなくなっています。
でも、あの場所でいろんなことを浄化し、こだわりのない自分になったことは
確かです。

すべてに感謝・・・
本当にすべてに感謝です・・・






posted by Mina at 13:08| Comment(1) | TrackBack(0) | ネパール ヨガの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネパールヨガの旅 その3

カマラ.jpg

カマラ先生です。
いろいろな音楽と共にアーサナ(ポーズ)をとっていきます。
まず始めに、ほら貝をならしたときはビックリしました。

1ポーズ1分くらいキープして、リラックスする時間を作る。
太陽礼拝を何度もしたり、参加メンバーがヨガの経験者と
分かるからか、けっこうきついポーズを取り入れていました。
でも、それもまた気持ちよかった〜
でも、英語の3/1くらい理解できなくてもったいなかった・・・
もっと英語を勉強していけばよかったな〜


約2時間のレッスンですが、半分は呼吸法と瞑想です。
カマラ先生は何度も何度も呪文のように言います。

「ヨガは心と体と魂を結ぶものです。
宇宙のエネルギーを感じて・・
自分の中に神を感じて・・
自分の中にある愛を感じて・・
あなたはとても平和で、とても幸せです。
God  bless  you....」

Yogaというより、Feel energy というかんじでした。
posted by Mina at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ネパール ヨガの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

ネパールヨガの旅 その2

ドゥワリカ先生.jpg



ドゥワリカ先生です。
いつもニコニコ、チャクラがすべて開いているせいか上半身がいつも円を描くように回っています。ヨガに人生のほとんどを費やし、たくさんの人にヨガの良さを教えています。だから料金もほとんど取りません。

先生がいつも言っているのは、
「ヨガは愛です。ポーズより呼吸法。呼吸は誰もが必要で、呼吸をしないと死んでしまいます。呼吸を意識するということは「いま」生きていることを意識するということ。それは「いま」を生きる内なる自分を見つめるということ、自分の内なる愛を感じるということ、自分の内なる神を感じるということ」

ニコニコしながら、何度も言います。
Yoga is love...

ドゥワリカ先生から、マントラをいただきました。
そのマントラはビシュヌ神と関りのあるマントラでした。

やはり私は仏陀と縁があるみたい。
posted by Mina at 23:24| Comment(1) | TrackBack(0) | ネパール ヨガの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

ネパール ヨガの旅

昨日、ネパールから帰ってきました。

23日の夜11時にネパールのカトマンドゥ空港を出て、中国の広州、成田経由で家に着いたのは24日の夜7時過ぎでした・・・

疲れた〜!
でも、旅行中ずっと元気で体調も良く、すばらしい旅でした。

明日から少しずつ旅日記を書いていきます。
今日は朝から会社に出勤したし、ヘトヘトです・・

この旅で、感じたこと・・・

Alive present, Not past,Not future.
God is inside myself.
Yoga means unit body,mind, and soul.
Feel energy.
So,Life is heaven.






タグ:ネパール
posted by Mina at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ネパール ヨガの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

ネパール 仏陀の生誕地ルンビニへ

lumbini_bodhi_tree.jpg

当初の予定では、ルンビニには行かずに、カトマンドゥでヨガをするつもりでした。でも、日程変更になり、仏陀の生誕地ルンビニに行けることに!
ルンビニは巡礼者がたくさんいて、その土地ににいるだけで、幸せを感じられるような場所だそうです。

祈りや愛、たくさんの気を感じてきたいと思います。


そのあと、ヒマラヤ山脈の日の出を見てくる予定です。
天候に左右されるそうですが、ご来光を見れるといいな〜

エベレストや神々しい山々を見て感じて心と体を浄化してきたいと思います。


machapuchare_from_sarangkot.jpg

今回ネパールに行けること、本当に感謝です。

ヨガだけでなく、いろんなこと勉強できる旅になると感じています。

不思議です・・・
まだ行ったことがないのに、すでに懐かしい気がするのです。
故郷に帰るような・・・

明日名古屋へ一泊し、あさってネパールへ旅立ちます。
ネパールのヨガと瞑想を修行してきます。
今回のグル(ヨガの師匠)は、菜食主義で、
すべてのチャクラが開かれ、クンダリーニがいつも体の中を上昇しているせいか、上半身が円を描くように回っているんだそうです。そしていつも笑顔でニコニコだそうです。
マントラも唱えながら、いろんなヨガを勉強してきます。

今回の一番の目的は瞑想です。

自分の内側を見つめ、本当の自分を見つけ、ありのままの自分を感じる。
仏陀のように悟りを開けなくても、いろんな気づきを得られるといいな〜と思います。

posted by Mina at 13:47| Comment(1) | TrackBack(0) | ネパール ヨガの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

ネパールへヨガと瞑想の修行に行ってきます

3月中旬からネパールに行ってきます。
10日間のうち移動でまる2日取られてしまうのでカトマンドゥで1週間ヨガと瞑想の修行になります。
ポカラという町に移動してヒマラヤ山脈のご来光を見てくる予定です。
どんな旅になるのか・・・??

ドキドキですが、楽しみです!!
タグ:ネパール
posted by Mina at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ネパール ヨガの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする