2013年04月09日

「息」

「息」という漢字は「自らの心」と書きます。
その字の通り、息は心とつながってます。

イライラしたり緊張してるときは、息が早くなり浅くなります。
リラックスして穏やかなときは、息がゆっくりで深くなります。

寝ているときは、吸う息が長く吐く息が短い。
ヨガの呼吸法は吐く息のほうが長い。これは覚醒させるための呼吸法。

自らの息をコントロールすることで、心もコントロールすることができる。
それがヨガの呼吸法の効果のひとつです。


私は数年前から、毎日呼吸法をしてます(^^)
毎朝ヨガレッスンに行く前には必ず!!

呼吸法をすると、気道が通っていくのが分かり、
体がかなりリラックスしていきます。
どんどん思考も、泡のように浄化されていきます。
呼吸を止めると思考も止まるので、集中力も高まります。
脳は、明晰になってく感じ。

で、呼吸法が終わるとそのまま瞑想に入ります。

呼吸法である程度、体も心も良い状態になってるので、
瞑想にもス〜っと入っていける。


これを毎日続けてきたので、
呼吸法を5分くらいしただけで、心と体がすぐ良い状態に戻れるんですね〜。
もう体が覚えちゃってる(^^)

ヨガを始めた頃は、ポーズをとるのは楽しかったけど、
呼吸法ってめんどうだな・・・。良さがわからないなあ・・・。
って思ってた。

ところがドッコイ!
ヨガ修行で、呼吸法必須!で、朝・昼・晩と毎日続けてたら・・・
ポーズしてるよりも、体と心の変化が顕著に表れてきたからビックリ!
(同時に、マントラ唱えたりいろんなことをしてたせいかもしれませんが)

なんというか・・
感覚が鋭敏になっていくんですね〜。



半年前からヨガにいらっしゃってる方で、花粉症の方がいるのですが、
「呼吸法を毎日してるんですが、今年は花粉症が軽くすんでます^^」って話してて、
みんなでビックリしました!
だって、今年はひどいらしいですよね〜。
うちの次男も今年発症しましたもん。
私はまだですが(^^)

呼吸法をしてて、肺機能が8歳も若返った方もいらっしゃるし、
毎日行うことで、すばらしい効果がでるみたいです。


私が最近感じることは、
「息」に意識を向けるだけで、幸福感が増すことです。

息は、サムシング・グレート(神・大いなる意識)と私たちをつないでいます。
ひと息、ひと息、
ゆっくりと、大切に、味わうように、呼吸してみてください。
この大気中に神の愛が充満してて、
私たちは、その愛を呼吸を通して受け取っている。

それを、本当に体感すると、息をしてるだけで
至福に満たされます。

以前、10日間の集中瞑想をしたとき、
本当に息をしているだけで歓喜に震えたことがあります。
全身が性感帯になったようで、ひと息吸うだけで歓喜に襲われました。


「息をする」
そんな当たり前のことの中に、喜びが隠されています。

私は呼吸法やヨガをしてきた中で、
その当たり前の幸せを体感できたことで、
ガラリと生き方が変わった気がします。


ああ、すべては「ここ」にあったんだな〜って(^^)



ぜひ、ヨガの呼吸法を知ってる方は、
毎日続けてみてください(^^)
ちなみに私が好きな呼吸法は片鼻呼吸法とバストリカー(ふいごの呼吸法)です。

呼吸法知らない方は、深呼吸しながら、
「息」を感じてみてくださいね(^^)










posted by Mina at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

不思議な音

以前から、静かな場所にいるとナーダ音(気の流れる音)が聞こえるんですが、

今月に入ってから、また違う音が聞こえるようになりました。

「チッ」って音。
遠くで鳥が鳴いてる声のような、金属音がこすれる音のような感じです。
これ、ナーダ音じゃない気がするんですよね。
自分の外側から聞こえてくるから。。。

今週はみんなで瞑想してたら、
頭の右上からある一定のリズムを取った音が聞こえてきました。
5つか6つくらいの音がずっと鳴っていました。
以前聞こえてたモールス信号みたいな音じゃなくて、
高音の曲に聞こえました。

そしたら、Aさんも右上から不思議な音が聞こえてきたらしい。。。

なんなんでしょうね〜?
分かりません(^^;)

エネルギーが回る音かな・・・
なんらかの波動の音かな・・・



ナーダ音は、気道がどんどん浄化されていくと、
金管楽器の曲のように聞こえてくるとも言われています。
天界の音みたいな。。。


ずっと前瞑想してたとき、頭の上のほうから、
今まで聞いたことがないようなきれいな曲が聞こえてきました。

きっと、音楽家ならこの曲を譜面に書くことができるんだろうな〜って思いました(^^)
私の場合、瞑想から戻ってくると、すっかり忘れてます。。




あっ!全然関係のないお話ですが、
昨日確定申告(主人の仕事)に行ってきて、やっとホットしました!!
ここ1か月くらい、1年分の領収書整理に帳簿つくり、
確定申告のデータつくりに追われてました(^^;)
今年はちゃんとこまめに帳簿をつけよう!と思うのですが・・
毎年同じことの繰り返し(^^;)
来年はネットで送付できるようになりたいな〜。
















posted by Mina at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

アストラル体

古代インドのヨガ行者は、体は三つに分かれていると言っていました。

粗大身(肉体)、微細身、原因体です。

微細身について、瞑想で体験したことをちょこっと織り交ぜてお話します(^^)
微細身はさらにいろんな鞘(さや)で構成されてるんですが、
生気鞘は「アストラル体」とも呼ばれていて、
私たちの肉体の複製のようなエーテル体です。

プラーナはこのアストラル体のナディ(導管)を流れ、
チャクラ(エネルギーセンター)にも蓄積されます。

以前、集中瞑想をした時に、
自分の後ろ側に立つ、影のような微細身を見たことがありますが、
直観で、
この影のようなエネルギー体が肉体を生かしてるんだ・・・って知りました。

肉体とアストラル体はつながっていますが、睡眠中、臨死体験中、深い瞑想状態のときは
一時的に分離するとこがあるようです。

空を飛ぶ夢や、落ちてく夢を見たとき、アストラル体(微細身)を経験してるんですって。


アストラル体は、光やプラーナでできています。
プラーナヤマ(呼吸法)、瞑想はアストラル体が丈夫になり健康になります。

目に見えないから、不思議かもしれませんが、
私たちの体は肉体だけの存在ではなく、エネルギー体なんですね〜。














posted by Mina at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラーナヤマ

プラーナとは中国では「気」、エジプトでは「カー」、一般的には「宇宙エネルギー」と言われています。
私たちはプラーナを取り入れなければ、
たとえ呼吸をして酸素を取り入れようとも生き続けることはできません。

このプラーナをたくさん取り入れ、コントロールし、制御するのがプラーナヤマ(呼吸法)です。
プラーナのエネルギーをより多く抽出し、
電池が電力を蓄積するように
肉体と霊体に強力なエネルギーを蓄積することができるのです。

身体の強化、霊的なエネルギーの目覚め、スピリチャルな波動を高めるなど、
プラーナヤマの効果はすばらしいものです(^^)

例えば、
重たいものを持つときや、危険を克服するとき、
無意識に呼吸を止めて、プラーナを蓄積しようとしますよね。

深い瞑想は、自動的に呼吸をコントロールし規則正しく静かなものにします。
呼吸は純度を高めて知覚できなくなり、止まっているかのように感じます。

呼吸法を実践してくと、自分の体やスピリチャルな波動も
いつのまにか変わっていることに気づきます。

私は毎日呼吸法をしてますが、
3年前くらいは朝、昼、晩、夜、と必ず5分〜10分行ってました。
特に、瞑想前にすると、心と体がプラーナで満たされ、集中力も高まり、
とても瞑想に入りやすいです(^^)


何気なく行ってる呼吸ですが、
私たちはこの呼吸を有効に活用することでができるんです。


いろんな呼吸法がありますが、
ヨガの呼吸法を知らないときは、ゆっくりと深呼吸しながら
自分の呼吸を感じてみてください。

のど元を通る空気の冷たさや温かさを感じて・・・
耳をすますと、呼吸をするたびにのど元がさざ波のような音をたてています。
胸も波打つようにゆれています。

私たちはまるで波打つような地球のエネルギーの呼吸をしています。
光のエネルギーであるプラーナが体に満たされていくような心地よさを感じてください。

プラーナが身体に満たされていき、
アストラル体(オーラフィールド)とも言われる霊体の波動も高めてくれます。


最近は、この呼吸法をしているだけで、
快感や心地よさや至福を感じます。



すべてに感謝です。。。
















posted by Mina at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

内観

ヨーガ修行を始めた頃、内観をしました。

内観とともに、懺悔や慈悲の瞑想もしました。

するとね、瞑想中や普段の生活の中でも
昔の記憶がたくさん浮かぶようになりました。

中学や小学、2歳のときの記憶までよみがえりました。
いやというほど、自分の中のエゴを見せられたんです。。。

小さい頃って、純真無垢だと思うでしょう。
違うんですね。
親に愛されたい、注目してほしい、かまってほしい。
幼いころ死にそうになったことがあるのですが、
その時の記憶も思い出しました。

多分3歳のころ、
母から「道路に飛び出しちゃいけないよ!」そう何度も言われてましたが、
母に注目してほしくて、ほんとに道路に飛び出してみたんです。
ホントに車が来て危うく引かれるとこでした(^^;)

幼稚園の頃、
大雨で家の前の川が氾濫してたとき、
7つ上の兄と川を見に行ったんです。
深くても1メートルにも満たない川で、川遊びをよくしてた川でした。
兄をビックリさせたくて、その川に落ちたふりをしたんです。
そしたら、ほんとに落ちて流されちゃった。。。
隣の中学生のお兄ちゃんが川に飛び込み助けてくれました。
私は全く怖くなかったんですが、兄は足が震えて川に飛び込めなかったそうです。
(兄に今更だけど謝りたいと思いましたよ)
その後、隣のお兄ちゃんは警察官になりました。

幼いころの記憶は、
自分のエゴのために周りに迷惑をかけていたことばかりでした。
純真無垢でもなんでもなかった・・・

小学生の頃も中学生の頃も、
自分は他人と違うんだ!っていう
なんていうか、プライドが高く、エゴが強く、他人によく見られたいという
自意識過剰な人間でした。


そんな過去の自分を内観すると、
ボロボロとエゴが剥がれ落ちでいきました。
思い出すたび苦しくて、ボロボロと涙がこぼれ、
私と関わったすべての人に懺悔したい・・・と思いました。


私は自分を「いい人だ」って思ってたのに、
こんなにも自分勝手で、いいかっこしいの人間だった。

こんなにもエゴだらけの人間だったのに、
なぜ人を責めたり批判したりできたんだろう・・・!

わたしって底辺の人間だ!って思うと、
わたしの心に巣食うプライドやエゴが悲鳴をあげてました。
悲鳴をあげながら、消えていくのが分かりました。


そして気が付いたんです。
いつだって、内なる神はいつも私を愛し、光を送ってくれていたってことを。。。


人間ってみんな同じなんだなあ・・・
いろんな面を持ってるけど、ホントはみんな愛されてる。

神さまの前ではみんな平等で、
みんな神さまの一片なんだ。


内観して、生まれ変わった気がしました!
やっと「ふつう」の「人間」になれた気がしました。

それからは、私、ゆるゆるの人間になってました〜。
自分に対して許せてるから、他人に対しても許せるし、
自分の内側にある愛を信じてるから、他人の内側にある愛も信じられる。

生きるのがとっても楽になったんです(^^)
人生生きてきた中で、今の自分が一番好きです。
とっても自然体で生きてる気がするから。


一生のうちで、内観や懺悔は一度はやってみることをお勧めします。
懺悔の思いとともに、感謝や愛の思いも溢れてきます(^^)

















posted by Mina at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

ナーダ音

ヨーガ修行を始めてから、ナーダ音が聞こえるようになったんですが。。。

ナーダ音とは、気が流れる音、ハートから聞こえてくる音と言われています。
喉と胸のチャクラが浄化されると聞こえてくるといわれてます。

最初の頃は、リリリ・・・といった虫の声でした。
その後、リーン・リーンといった鈴(鐘)の音に。
時々、エレキギターの高い音のようなリズムをとった音。
そのまた時々は、天上の音楽のようなきれいな音が聞こえてきました。
天上の音楽が聞こえたときは、ハートから聞こえてくるというより、
頭の中、頭頂部のあたりに響いてる感じでした。
あまりにきれいで、ず〜っと聞いていたいな〜って思いました(^^)


最近は、モールス信号のような音です。
例えば、横向きに寝転んで耳をまくらに押し当てた状態でも聞こえます。
だから、内側から聞こえてくる音には違いないんです。

ウニャウニャとラジオを合わせるときのチューナーの音がバックに聞こえ、
はっきり、くっきり、
トゥトゥーン トントン・・・トゥトゥーン トントン・・・

トゥーンで音が上がっていきます。
こんな規則的な音が聞こえてくるんですね〜。


なんだか不思議な音です。。。
何かとチューニングしてるような、交信してるような音なんですね〜。。。


このナーダ音を聞きながら瞑想する「ナーダ瞑想」というものがあるんですが、
このモールス信号のような音では、ちょっと難しい気がしますね(^^;)




瞑想といえば、
瞑想を始めるとわけのわからないイメージがたくさん出て来る時があります。
なんの意味もないものだから、瞑想から戻ってきたときは、忘れてるんですけど・・・

それは、心の中にあるストレス(カルマでもいいけど)が
意識の表面上に浮上してくるときに、
いろんなイメージをくっつけて出てくるものなんですって。

だからわけのわからないイメージでも、
泡のように浮き上がってきては消えていくわけです。

そうやって、心の中のストレスを消していくと、
心の奥に潜ってくことができるわけです。

私の場合、
そうやって、イメージがなくなっていき、
まるで夢から覚めたようにハッて意識が目覚めた感じになり、
そこから、深〜く瞑想に入っていったりします。

もうわけのわからないイメージもなくなり、
研ぎ澄まされた意識の中で目覚めてる感じがするんです。

そこから、いろんな体験をしたりします。


最初から、イメージもわかず、スーッと瞑想に入ることもありますが、
やっぱり毎日違います(^^)


とにかく、私にとって瞑想はとても大切です。
2日くらいちゃんとできないと、なんだか心が不安定になってくるんですね〜。

瞑想は心の洗濯です。
2日も3日も洗濯しないと、なんだか具合悪くなってきます。

ある聖者が言ってました。
「なぜ、毎日顔を洗ったり歯を磨いたりするのに、毎日瞑想をして心を洗わないのだ」

本当にその通りだと今は感じてます。。。


瞑想が難しいならば、5分でいいから、
目を閉じて深呼吸して
心に静寂を感じましょう〜。
心が洗われます(^^)




今日もすべてに感謝です。。。












posted by Mina at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

心の平安

最近は一生懸命ヨーガ修行をしてない私ですが…

毎日必ず欠かさず行うのは呼吸法、いくつかのアーサナ(ポーズ)、
マントラを唱える、短時間でも瞑想、などです。


朝の呼吸法は、必須です。
これやると自分の状態がすぐ分かっちゃいます!
左鼻が詰まっているな…とか、
思考でいっぱいだな…とか、
心が閉じているな…とか。


で、10分くらいしてるとだんだん良い状態に戻ってきます(^-^)

ヨーガ修行する前は、良い悪いの状態さえ分からなかったのに、
今は気の状態や、心の状態も把握できるようになってきました。


朝はマントラのCDを聴きながらヨガをして、
移動中の車ではマントラを流しながら歌います。
心を神聖なものに合わせるようにしてます。

散歩中は修行のための詩を唱えます。
慈悲の心を培うために、
神さまに帰依の心を捧げるために。


大変そうに見えますか〜?


全然そんなことないんですよ(≧ω≦)b


とっても安らいで幸せな気持ちになります。


きっと、禅の修行も、カトリックの修行も、ヨガの修行も
同じ状態を作り出すためのものなんでしょうね。


『心の平安』



平安な心は、神へとつながる道です。



私が毎日ヨガ修行をするのは、その平安や至福を感じたいからです。

だから大変じゃないんです(^-^)/

ただ、日々の生活の中で埋もれてしまいそうになる心の平安を保っていたいから、続けているんです。



あっ、話は変わりますが、
最近よく感じることがあります。



仕事が終わって帰るとき、家が見えてくると、
ああ、あなたはこうして家を持ち、家族を持つという体験をしたかったんだね。


昔の恋人を思い出し、苦しかった思い出が蘇ったとき、
ああ、あなたはあんなに苦しい想いを味わってみたかったんだね。



まるで、別人の体験談を見ているかのように、
別の場所から自分の心を読みとってる私がいるんです。


今の自分の心も体験したくて、環境や状況や心の動きも選択しているんでしょうね。


そんな自分を上空から、優しく見つめ、見守っている別の自分も感じられるんです。


…あなたは、自分の心を選択し、体験してるんだよ。
私はいつもあなたを見守っているよ。



時々、意識を体から離して、別のとこから自分を見てみて下さいね。

幼い子供を見守る母のように。



ヨーガ修行を続けていると、いろんな祝福が降りてきます…。


すべてに感謝です。。



posted by Mina at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

祝福を感じるとき

最近、以前より祝福を感じる機会が少なくなった気がします。

修行をまじめにやってないせいもあるかもしれませんし、
普段から内側にある安らぎを感じているせいかもしれません。

でも、じゃーどんなとき祝福を感じてるんだろう・・・?
って考えてみたんです。

一番強烈に神さまの愛を感じて号泣したのは
ネパールの聖地に行った時だったんですが

あとは、深い瞑想から戻ってきたとき
自分の体も服も大気も何もかも与えてもらっていると感じたとき。

五体投地をしながら心も体も神さまに捧げます・・・と祈っているとき。

ヨガレッスンが終わって、心が広がり体の気も通って
心から「今」に感謝の気持ちがあふれ出してきたとき。

ああ・・・そっかあ・・・
「自分」という衣を脱いで、ただただ純粋なるものに近づいたとき、
その祝福は降り注がれるのか・・・!
って思ったんです(^^)

私たちはいつも、こうしなきゃ幸せになれないとか
今の自分じゃだめだとか
定義づけや条件づけをするけれど、
そのすべてを脱ぎ捨てて、体も心もオープンになって、
神さまに意識を合わせたとき、その祝福は降りてくるんだなって思います。



だから、純粋になりたい・・・

誰に対して?

神さまに対してです


でも、純粋になるのって、本当に難しいんです(;;)


でも、「自分」というものを脱ぎ捨てた時こそ、
ただただ純粋な存在になれる気がします。


ラーマクリシュナのこの言葉が好きです。

「私はいつ幸せになれるでしょうか?」と質問されたとき、
ラーマクリシュナはこう答えたそうです。

「それは『わたし』を捨てたときだ」



もっともっと、純粋になりたいなあ・・・。

何者にもならなくていい

ただただ純粋に生きて、神様の祝福を感じたいなあ・・・。

心の奥にある、あそこへ帰りたいなあ・・・。



だから私はヨガを続けているんだなあ。。。

ある意味、自分の幸せだけを探求している、ものすごく自分(エゴ)が強い人間なんです(^^)
でも、そんな探究心も求道心も神さまが与えてくださってるのだ。

やっぱり感謝なのだ。。。
うんうん・・・。


長いつぶやきを読んでくださってありがとうございます。







posted by Mina at 18:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

高熱の浄化

12月25日夜瞑想をしていると・・・

「生まれ変わった」という意識がありました。
なっていうか、
「新しい意識に変換された」という感じ・・・。

言葉にすると漠然としてるのですが(^^;)

何の状況も変わっていないし、
新しい何かを始めようとしていないのに、
過去の自分のすべてが、パッと消されてしまうような
変換されるような不思議な感覚でした。

そしたら、今度は体の浄化が始まったのか・・・
昨日の朝から、お腹の激しい痛み、嘔吐、下痢。
夕方には38度の熱を出しました。
胃薬を飲んでもすぐに吐いてしまうほど。。。
3年前にノロウィルスになったときのようです。

ああ、病気で苦しんでいる人は、こんなにも大変な思いをしているんだな。。。

そう思いながら、慈悲の瞑想をすると、
少し楽になるような気がしました。

今日は今月で閉店してしまうFUSIONでの最後のレッスンだったのですが、
行ける状況ではなく、代行をお願いしてお休みしました。

最後に皆さんにお会いして、感謝の気持ちをお伝えしたかったのに、
いけなくて本当に残念でした。。。
皆さんと一緒にヨガができたことは本当に幸せでした。
またどこかでご一緒にヨガができることを楽しみにしています(^^)

夕方になって平熱に戻ると、フルーツやうどんなど食べれるようになりました!
食べると胃が痛くなるのですが、
こうしてPCも打てるようになりました。

高熱は癌細胞も消滅させてしまうほど、浄化作用があるんですって!
私の場合、嘔吐・下痢でお腹の中が空っぽになったので、
ほんと、ある意味断食のようなかんじだったかもです。

熱は右気道の浄化とも言われていますが、
怒りを愛に変えるとも言われています。

熱も神さまからのギフト。

ありがたく受け取りました(^^)

今年ももうすぐ終わりです。
まる2日間動けなかったので大掃除が途中のままです。
明日からまた少しづつ頑張ろうと思います。


みなさんも、まだまだ寒い日が続きますので、あったかくしてお過ごし下さいね(^^)


すべてに、心から感謝です。。。



posted by Mina at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

バクタの詩(うた)

神さま

どうしたら、私のすべてをあなたに捧げることができるのでしょう


どんな瞬間も、あなただけを思い、あなたで心をいっぱいにしていたいのです


体が痛みに襲われようとも、誰かに何を言われようとも、
ただただあなたを思い心を静めていたいのです


小さな生き物に接するときも、自然を体で感じるときも、
ただただ微笑んで、その中にあなたを見出していたいのです


こうしてひとりでいるときは、あなたに恋焦がれ涙を流しながら
あなたの微かな愛だけでも感じ取りたいと思うのです


神さま
どうしたら私のすべての愛をあなたに捧げることができるのでしょう
あなたが与えたこの体で、あなたが与えたこの心で
全身全霊であなたへの愛を表現し伝えたい


神さま
純粋な愛をあなたに捧げたい


私の望みはたったそれだけです


20110205190652.jpg




posted by Mina at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

安らごう

朝、久しぶりに懺悔のマントラを唱えたら、
止まらなくなり、
30分ほどずっと唱えてました。。。

最初に感じたのは、口が回らないこと・・・。
気が重くなっていたこと。

唱え続けていると、どんどん浄化されていくのが分かります。
眠くもないのに、あくびが出続け、
何も食べてないのに、ひゃっくりが出たり・・・
これも浄化の現象でしょう。

これらが止まると、口が回り、スムーズに唱えれるようになり・・・
集中しはじめます。
気が上がり始めると、尾てい骨から背筋がすーっと伸びていき、
バンダが入っていきます(お尻の穴が締まり、お腹も締まっていく)
エネルギーの下降が止まり、上に上がり始めるのです。

お経を読むお坊さんのように、
無心に唱え続けました。。。。

心の曇りが晴れていくような感じです!
心も体も軽〜くなっていくんです。


気がつくと30分過ぎてました。

普段の生活の中で、ずいぶんと心って曇るんだなあああと実感。

朝から晩まで、
目を見開いて、頭で考え、体を動かし、
たえず外側を向いて生きていると、
内側にある安らぎのスペースが覆い隠されてしまうんですね。


でも、内側にある「静かな湖」に意識を戻せば、
何者かになる必要もなく
何かを判断する必要もなく
ただ安らいでいることが
一番の幸せであることが分かります。





自分の幸せのために安らごう
大切な人のために安らごう
すべての人のために安らごう



「すべては心」


仏陀もこう言っています。
『人生の浮き沈みに直面しても、
心が動揺することなく、
嘆くことも、悪意を抱くこともなく、いつも安らいでいる。
これが最大の幸福である』

バガヴァット・ギーターにも同じような言葉がありますが、
真理の言葉はみんなつながっているんですね。


みなさんも、内側にある静かな湖で、
そっと、安らいでください(^^)



posted by Mina at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

継続は力なり

2年くらい前からヨーガ修行をしているのですが、
・・・といっても、サボったり短縮したりときちんとこなしていない私ですが・・・。

コツコツと続けてきたことは、多大な積み重ねになってきたことを実感します。

集中瞑想でいろんな気づきを得て、
確かに心が軽くなったことは事実ですが、
日々の生活をしていれば、ずっとあのいい状態でいられません。

心はいろんなサンスカーラ(反応)を作るからです。


あと、集中瞑想をしていて、感じたことは
「集中力」と「徳」の足りなさでした。

せいぜい集中して座っていられるのが2時間。
もっと深く瞑想をしたくても、徳が足りないせいで
その先が観えないのです。

師が以前教えてくれました。
水槽が心だとすれば、真理はその水槽の向こうに見える。
水槽がにごっていれば、その向こうの真理は見えない。
水槽が透き通っていれば、その向こう側の真理も見えるようになる。



瞑想で観えるというより、体験するといった感じですが、

より深くもぐって体験するためには
いろんな準備が必要です。

その準備として、私は今までヨーガ修行を続けていたことを改めて感じました。

体の気の浄化。
心の浄化。
帰依の心。

どれも必要不可欠なものでした。

だからこれからもずっとヨガの道を歩き続けようと思います。

集中瞑想終わってから、お盆休みも入り、
ずっと修行も瞑想もさぼってばかりいました(^^;)

すると・・・
やっぱり、気が下がってきて、落ち着きなくなるんですよね。
心が広がり満たされている状態じゃなくなってしまう。

もっといい瞑想ができるように、
もっとたくさんの方に瞑想に興味をもってもらえるように、
とにかく、ヨーガ修行すると心が満たされるから、
これからも続けていきます(^^)




生きとし生けるものすべてが幸せでありますように。



posted by Mina at 14:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

ストイック

私は五体投地が好きです。
五体投地ってチベットの人たちが大地に身を投げ出しながら
聖地に向かって進む修行法のようなものです。
自らの体と心を神に捧げ帰依いたします…
という感じです。

ネパールに行ったときも、仏塔に向かって五体投地をする外国人の方もたくさんいました。


私は部屋でマントラを唱えながら行います。


わたし的にこの修行はかなり心が浄化されます!



自分のものと思ってるこの体は私のものじゃない…

意志を持たないこの体を動かしているのは、この心だ…

この心というものは何を思い、いま、五体投地をさせているんだ?


所有や執着を手放せたあとの、
心の平安
そして、その奥にある
聖なる静寂を感じたくて…
動かしている


瞑想だけでもいいじゃないか
わざわざ汗流しながらキツいことしなくてもいいんじゃないか


心は頑固でなかなかいろんなものを手放せないから


体を使って
マントラを唱えて
心と体を浄化したほうが手っ取り早い。


すべてを神に捧げます…


そう体をつかって行うことで、心もほんとにそうなっていくんだ…



心の中の空間が広がっていき…
体があることも
心を与えられてることも
すべては『ここ』とつながるためなんだ…

って深い意識の中で体感することができるから。



体と心を使いながら、『そこ』とつながりたい、純粋な意識がある気がします。



きっとね、
ヨガや修行って何がいいの?って思う人もいるかもしれません。


でも、私は素晴らしい世界を体感できるから、行ってます(^-^)


私ってある意味、ストイックな快楽主義者かもです(^^;)




posted by Mina at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

誕生日おめでとう

愛している


って言葉はなんか違う


愛 を している

って何だ?



愛はするものじゃない



愛 は ここにある



恐れず言うなら


この世界は神の愛の中にある



愛はここにある



だから、


誰かから
愛してるって言葉もいらない


私から
愛してるって言葉もいらない


愛は
ここにある

涙が出るほど
溢れる愛が
ここにある


この愛が
私を強くしてくれる
純粋にしてくれる


ひとり残らず
みんなの中に
愛はここにある


そう思うと嬉しくて…

ああ
私は明日死んでもいいや
って思うんです



大切なあなた
愛はここにある
だから悲しくて泣くのはやめよう



神さま
私は幸せです…



ハリ・オーム






posted by Mina at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

「ハッピー!」


『ハッピー!』

2日前くらいから、心の中に響いてる言葉です。

またもや、蕃山に行った時に降ってきたものです(^^)


純粋に「ハッピー」(幸せ!)と感じること。


実はこれって、難しいと思う人が多いと思います。
っていうか、私もついついこの感覚を忘れてしまいます(^^;)


人はいろんな条件つきの「幸せ」を求めてしまうから。


愛する人がいるから幸せ
あの人から愛されているから幸せ
お金があったら幸せ
人に感謝されると幸せ・・・


なんで条件がないと幸せって思わないんだろう・・・


たくさんの人を救いたい・・・
苦しんでいる人がたくさんいる・・・
みんなが幸せな世界を創りたい・・・


心がすべてを作り出しているなら、
そう思う心の現われが、苦しんでいる人を作り出しているかもしれない。
苦しんでいる人を思い、同調し、自分が苦しくなっているかもしれない。


ならば、まず自分が、「ハッピー!」に!
条件つきの幸せじゃなく、
純粋な存在の喜びを感じること。
内なる幸せを感じること。

24時間ハッピーでいることなんて難しい。
でも、ほんの一瞬でもいいから
空を見上げたり
自然を見たり
星空を見たり
風を感じたりして、
心をリラックスして、やさしく微笑んでみる
そして、内側に広がる安らぎを感じてみる

その安らぎが「ハッピー」の種になり
「幸せ」のカプセルになる

その幸せの種は、必ず芽を出し花となり
たくさんの種をまいていくだろう



私も無理はしない
でも、心が嬉しい、楽しいと思うことをしよう(^^)
他人と比べることはない

「これでいいのだ」

私の「ハッピー」の種は、内側にある
ただただ純粋にその種を育てたいだけだ


神さま、
きれいな花を咲かせてあなたに捧げたい・・・




posted by Mina at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

「求めよ、さらば得られん」

今から4年くらい前に、「ヨガのインストラクター」になろう!と決めました。
実は、それまでヨガしたことなかったのにです(^^;)

元々体が柔らかかったし、哲学や精神世界の本をたくさん読んでいて、
ヨガは「宇宙とひとつになること」と信じ、この道を進もう!と思ったんです。

そっからは早かったです。
すぐにヨーガライフのインストラクター養成講座に見学に行き、入校を決めました。
フルタイムで仕事をしながら、毎週土曜日に学校に通いました。

その1年後、ヨガレッスンを始めたのですが、
「自分に何かが足りない」そう思っていました。
アーサナ(ポーズ)をしているだけでは、宇宙とひとつになることはできない・・・。
自己流で瞑想をしても、よく分からない(::)

そんなとき、ネパールにヨガツアーに行こう!と誘われました。
ヒマラヤや、仏陀の生誕地ルンビニの菩提樹に惹かれ、
向こうのヨガを体験し、瞑想も深めたい。。。
そう思って10日間有休をとって、ネパールに行きました。

この体験は貴重なものでした。
特に、ルンビニでの、あの体験・・・
嗚咽するくらい泣きました。
今まで体験したことのない愛に包まれて、自分の中が至福で満たされていき
「ああ、私はあるがまま愛されていたんだ」って知ったからです。

日本に帰ってきてからも、ルンビニでの体験を感じると
瞑想で心の広がりと安らぎを感じることがでいました。

でも、やはり「自分に何かが足りない」と思っていました。

そんなとき、ネパールから帰ってきて3ヵ月後、ヨーガ講習会に参加しました。

それから、1年半以上ヨーガ修行を続けています(^^)

心の浄化、体の気道の浄化、私がヨガに求めていた「宇宙とひとつになること」
これらを少しづつ体験しています。
宇宙=神=内なる神聖な意識

どこを探していたんでしょう。
いろんなとこ周って、いろんな出会いがあって、ここに戻ってきました(^^)
環境でも条件でもなく、探し物はここにあったんです。

とは言っても、自分の内側をまだ探検中です。
神さまが与えてくれる様々な環境も、
たくさんの方々との出会いの中での気づきも、
日々のヨーガ修行も、
「それ」を探すための灯火となります。


『求めよ、さらば得られん』イエスの言葉


今までずっと求め続け、導かれてきました。
これからも、求め続けるでしょう。
それが、今の私をドキドキワクワクさせてくれます(^^)

神さまに恋をしているみたいです。


ハリ・オーム






posted by Mina at 09:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

今日のレッスン

今日はヨーガライフで、「マントラ瞑想」のレッスンでした。
月に1回担当してます(^^)
来月は6月6日(月)10:00〜になります。


今日はシヴァ神のマントラをみんなで唱えました。
家の神棚からシヴァ神の写真をもっていき、みんなに紹介するとともに、
みんなから見えるとこに飾ってヨガをしました〜。
最後は、みんなでOMのマントラを唱えながら、静かに瞑想・・・。

今日初めて参加した方も数人いらっしゃってて、
終わってから、
「初めてこういうヨガしましたが、私、けっこう好きです^^」という感想もあって嬉しかったです。


5月22日、高森でチャリティーヨガを行ないますが、
まだ内容は決めていません。
ちょこっとマントラや瞑想など取り入れたヨガをしよかなあ〜(^^)


まだ予約に空きがあります!!!
ぜひ、お気軽に参加してくださいね(^^)
詳細はこちら↓
http://m-winwin.seesaa.net/article/198538487.html





posted by Mina at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

奉仕の心

3月11日の地震当日、長男の元彼女(もとかの)が家に遊びに来る予定でした。

うちの近くの駅の1キロ手前で地震が発生して電車は止まってしまい、
そこから線路を歩いて駅まで向かったそうです。

元かのは取り合えずうちに来ました。
電車もバスも使えない。道路の状態が分からず車で送ってもいけない。
やっとつながった元かのの両親は集会所に避難したとのこと。
それから、4日間、元かのと一緒5人のリビング生活が始まりました。

元彼女・・・この微妙な関係(^^;)
息子はよりを戻す気ないけれど、彼女の方は未練いっぱいで4日間一緒にいれて幸せそうでした。

私は、自分の家族を食べさせるだけでも大変な中、
一人子どもが増えたと思いながら暮らしてました。

4日目の午後、元かのの両親が車で迎えにきて、
なんとかマンションで暮らせると言って帰って行きました。


そして、5日目からは、主人の母が家にやってきました。
地震当日、盛岡から仙台に来てて、娘のとこにいたそうです。
うちは、プロパンガスなのでガスレンジで調理はできたんです。
娘が一緒に暮らしてる彼氏と馬が合わず・・・(^^;)
我が家へ来ることになりました。

でも、お母さん20年前からインシュリンを毎日打つほどの重度の糖尿病。
朝・昼・晩と時間きっちりご飯を食べないといけません。
何時間も並んで食料を調達する日々でした。

家にいるときは、突然「痛い!足が痺れてきた・・・!」と言って、苦しそうに足をマッサージします。
糖尿病は軽い運動もしないと、ダメなんです。。。

そこで、「おかあさん、椅子ヨガする?」と言うと、
「したい!!」と返事が(^^)
タオルを使いながら、30分くらい動かすと「ア〜、気持ちいいね〜」と喜んでました。

あとね、お母さん関西人だからおしゃべりなんです。。。
昔話やいいこと悪いこと、とにかくよくしゃべる。。。
で、ちょっとボケてるから、次の日も同じことまた話す。。。
これをずっと聞かなくちゃいけないのが一番きつかったなあ。

お母さんは5日滞在して、盛岡のバスが運行したので帰っていきました。


私の山形の実家の母は、余震やライフラインが止まっているのを心配して
何度も「一度みんなでこっちに帰ってきたら?」と言ってましたが、
元かのや義母がいたので帰れませんでした(;;)


地震のショックやライフラインが止まったうえでの生活・・・
それに加え、面倒を見なくては行けない人が増えたこと。
きっと、ストレスもあったかもしれません。

でも、ヨガをしてて良かったです!
「あっ、これカルマヨーガを実践しなさいってことだあ・・・」って思ったからです(^^)

カルマヨーガ・・・無私の行為のヨガ。行為の中にエゴをはさまないで、ただ自分の義務を行なうこと。
結果や報酬を求めないで、すべての行為を神に捧げることとして行なうヨーガ。

「元かのもお母さんも、神さまに捧げる奉仕の心で接しなさいということだあ・・・!」


そう思えたら、気が楽になりました(^^)
思いやりをもって、優しさをもって、愛情を込めて、行動することができたから。

神さま・・・神さま・・・と言葉にするばかりだったから、
ほんとに、すべてを神さまと思い接することができるのか機会がやってきたんだあ・・・
って感じたんです。


きっと、昔昔の私だったら、
なんで私がこんなこと!とか、めんどくさい!とか、イヤだ!って嫌悪感とかで
心がぐちゃぐちゃになってたかもしれません(^^;)

でも、なんというか、私いつも笑顔でいれたんです。
それなりのストレスはあったと思いますが・・・。


どんなときも、心のありかたで、感じることも変わってきます。
心を広げていたら、苦しみも小さく感じます。

そして、この心を広げられるのが、ヨーガだと感じてます(^^)
カルマヨーガもハタヨーガ(ポーズを取るヨガ)もバクティーヨーガも
どれも、実践したら素晴らしい効果なんです。

身を持って体験してるので、自信を持ってお勧めします!


さー、今から1ヶ月半ぶりの集会所ヨガです(^^)

今朝、修行してたら、またメッセージがやってきました。

「ヨーガを教えるんじゃありません。あなたが愛をもってヨーガをすればいいのです」

妙に納得した私でした(^^)

その実践をしに行ってきます!!


posted by Mina at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

ナーダ音

昨夜、ヨガ仲間のCちゃんからメールが届きました。

昨日ブログに書いた「左足の痙攣」についての情報を教えてくれました(^^)

ヨーガの本の中で、痙攣のことについて載っていたのだそうです。
「クンダリニーの覚醒の形態の中で、スシュムナー管の基底部から上部に至るまで、アパーナ気の動きが非常に早くなり、四肢がよく痙攣したりします。」
ということでした。

そうだったんだ〜!!とビックリしました。

もし、クンダリニー覚醒が起こっているのだとしたら嬉しいなあと思いました。

ヨーガ修行や瞑想をしている方で、同じ症状のある方がいたら
参考になるかと思いブログに載せました(^^)


そういえば、最近のおもしろい体験はナーダ音です。

ナーダ音は気が流れる音なのですが、ナーダヨガとい行法もあり
その音を聞きながら瞑想したりします。
ナーダ音は、胸と喉のチャクラが浄化されてくると聞こえてくると
師が以前教えてくれました。

いつもは左耳から鈴のような、ティンシャ(チベットの法具)のような音が聞こえてきます。
それが最近はモールス信号のように、リズムを取って聞こえてきます。

そして、右耳からもナーダ音が聞こえてくるようになりました。
最初、息子が部屋でエレキギターを弾いてるのかと思ったら、弾いてない・・・。
高音の楽器のように聞こえてきます。

両耳から聞こえるときは、もっと心地いいんです!
左耳のナーダ音と右耳のナーダ音が、音もリズムも違うからです。
なんというか・・・演奏を聴いているような感じです。

あ〜、左と右の気の流れって違うんだな・・・と感じたりします。

もっと、気道が浄化されたら、天上の音楽が聞こえないかな〜なんて思ったりします。


最近、私の周りでナーダ音を聞く人が増えてきました。
参考になれば幸いです(^^)


まだまだ未熟な私ですが、ヨーガを楽しく行じています。

今日も感謝の心を込めて生きたいなあと思います。








Cちゃんありがとう〜。

posted by Mina at 11:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

左足の痙攣と気づき

3日ほど前から、左足にゾゾゾ・・・という寒気のようなしびれのようなものを感じ、
左のひざと太ももがピクピクと痙攣していました。

全く痛みはないのですが、起きているときも寝ているときも、
まるで低周波治療器をあてているように、ピクピクと動きます。

なんの現象だろう??
神経的な病気かなあ??
と思いながら、昨夜お風呂に入っててハっと思ったことがありました。

これも、私の何らかのカルマがやってきたのかもしれない。
もし、私のカルマでなければ、誰かの痛みを私が受け取ったのかもしれない!

毎日、慈悲の瞑想をしています。
大切な人や、嫌いな人や、すべての存在をイメージして、
「その人の苦しみを吸い込み、自分の幸せなエネルギーを吐きながら与える」

これ、最初は嫌いな人にはなかなかできません(^^;)
自分の中のエゴが嫌がるんです・・・
そういう時はこうイメージします。
「その人の苦しみが黒い光の矢になって、自分の中のエゴを破壊する」
ダライラマ14世が日々行なっている瞑想法です。

これをすると、本当にエゴがなくなっていき、心が広がります!!
嫌いな人も、たくさんの人たちも、苦しみや悲しみをたくさん抱えているんだ・・・
って、涙が出てきて、心が浄化されていきます。

ヨガレッスンの時は、みなさんが屍のポーズになっているとき、
この慈悲の瞑想をしています。
「皆さんの体の痛みや心の苦しみを吸い込み、私の幸せなエネルギーを与えます」
というふうに。

この慈悲の瞑想は、自分のエゴを破壊し心を広げてくれる瞑想なので、
実際に他人の苦しみが自分に移ってくるわけではありません(^^)

でも、その恐さを克服することで、自分の中に慈悲の心も芽生えてきます。

昨夜は、
「もし誰かの痛みがこの左足にやってきたのだとしたら、ありがたく受け取ろう。
自分のカルマでも、すべて受け取ろう。
あとは、私が修行してこのカルマを浄化すればいいんだ」
と、左足をやさしくなでながら、ささやきました。

すると・・・
今朝起きたら、足のしびれも痙攣もすっかり消えていました!


今回は妙な足の痙攣で、いろんな気づきを得られました(^^)
これも、神さまからのギフトです。

どんな時も、何が起こるろうとも
心安らかに、すべてを受け止め、慈悲の心を持つことができますように・・・。



posted by Mina at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 修業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする