2017年09月29日

「アナスタシア」

アナスタシアという本を読みました。
今2冊目を読んでます。
これは実話だそうです。

『1995年、響きわたるシベリア杉、リンギング・シダーの謎を追う実業家ウラジーミル・メグレは、オビ川のほとりで孤高の美女アナスタシアに出会い、タイガの森の奥深くで不可思議な3日間を過ごす。たぐいまれな美貌と叡智と超能力を備えたアナスタシアが語る、人間と自然、宇宙、そして神についての真実とは…?あなたの生き方を変え、地球を救う一冊。』

まさに今私が読みたかった本だなあと思いました。最近の私は自然と共に生きたいという思いが強くなってきてます。
自然のもつ力、母なる地球との繋がり、私たちが忘れてしまった能力、言葉の力、たくさんのメッセージをアナスタシアは伝えています。

水曜日、庭の芝生の上で裸足になってヨガをしました。足の裏で湿った草と土を感じて、満開のキンモクセイの香りを嗅いで、大の字になって空を見上げてみる。
PhotoGrid_1506483199398.jpg
空は広かった。
窓から見てる空とは違うんです。
ホントに広い。。。

寝転んで小さな畑を見ると、低い同じ目線でバッタがいて草を食べてました。

こうして私たち生き物が息ができるのは、木々たちが酸素を作ってくれてるからなんだなあとしみじみ思いました。

この世界すべてがギフトで、人間はあらゆる自由を与えられてます。なんでもできるんです。できないと決めてるのは自分自身です。

これは本当にすごいことなんだと感動しました。


皆さんも時々、自然を肌で感じて見てください。
忘れかけてる根本的な繋がりや、ありがたみや、生きてる奇跡に感動すると思います。


本当に感謝しかありません。。。



posted by Mina at 22:21| Comment(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

奈良京都 2日目

2日目、ふくらはぎが筋肉痛に襲われます(T_T)
普段からヨガでつま先立ちして鍛えてにも関わらず…4日たった今も続いてるからかなり険しかったんですね〜!

夜中から雨が降ってきて、天気予報は夕方まで雨100%でした。昨日大神神社に登れて良かったね〜ってみんなでホッとしてました。

2日目は天河神社、せめてこの時だけ晴れてほしいなあと夜から祈ってました。
祈りながらイメージします。
分厚い雲を両手の指先で風穴を開け、そこから太陽の光を入れます。
雲に風に感謝しながら、太陽の光を入れてくださいとお願いするんです。
この願いはたいてい聞き届けられます。

この時も

願いは叶いました\(^^)/

奈良市内から天河神社までずっと雨でした。
到着すると小降りになり、やがてすっかり雨が止んで薄日がさしてきたんですね〜。

龍神さまにも感謝しました!

天河神社は、たどり着けない場所にあると言われていて、確かにひっそりと静かにそこにありました。
人生の転換期に、ここにたどり着くと言われてます。変わった形の五十鈴は3つの鈴が繋がっていて、鈴の音がとっても心地よいのです。
綾子さんは天河神社に近づくにつれ涙が溢れてきたそうです。
車の中で、巫女の姿で踊ってるイメージが見えていたそうな…。前世でご縁のあった神社なんでしょうね。綾子さんには弁財天がついてるし、天河神社は弁財天様ですもんね。

感謝しながら、天河神社を後に運転してると、雨がまた降ってきました!
神社にいるときだけ雨は止んでたという不思議な参拝になったのでした。

そのあとは、明日香村のキトラ遺跡、石舞台古墳、京都の伏見稲荷大社へと旅は続きます。。。

つづく



posted by Mina at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

拡散希望『星へ行こうよ』


産まれる前の記憶、そして今も見えない存在さんたちとお話ができる子供のメッセージです\(^-^)/

こうした子供たちが今たくさん地球に生まれてきてます。
私たちにたくさんのメッセージを伝えるために。

『ハートのチョコレート』のお話なんて、なるほど〜って思いますよ。
大人が書くスピリチャルな難しい話を
子供ながらの優しい言葉で表現してます。

ぜひ見てみてくださいね(*≧∀≦*)




posted by Mina at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

ヨガナンダの映画

ヨガナンダの映画を観てきました!
ドキュメンタリー映画で、写真でしか見たことがないヨガナンダの生前の映像を見て感動してました。
目力がね、違うんです。

映画観ながら、何度かポロポロと涙がこぼれました。
ヨガナンダが師に言われて、アメリカに行かなければならなくなったとき。
『私はヒマラヤの洞窟でずっと平和を祈って暮らしたかった…』
この思いに、どっと胸が熱くなり苦しくなり泣いてしまいました。
私にも同じ思いがあるのか、もしくは前世でそんな修行をしていたからか。

ヨガナンダはすべての宗教に敬意を払っていました。だから、祭壇にはハバジ、クリシュナ、イエスの写真も飾っていました。
宗教を超えたところにある、セルフリアライゼーション(覚醒)に人々を導いてたんです。
私たちの内側には、神と出逢える場所がある。
宗教という枠を外して、私たちは神とひとつになることができると。。。

今のこの世界は宗教戦争が起きていますが、
ヨガナンダはひとりひとりの覚醒からの世界平和を願い生涯を通して活動しました。
その思いに、映像を見ながらまたポロリでした。。。

あらためて思います。

何もいりません。
純粋な心だけを与えて下さいと。



posted by Mina at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

『金星人オムネク・オネク』

Cちゃんから借りて読んでた本
「私はアセンションした惑星から来た〜金星人オムネク・オネクのメッセージ」
読み終わりました!!!

面白かったし、勉強になったし、いろんなことを考えさせられました。

オムネクは身体の波動を低くして、物質レベルに低下させ、
金星から宇宙船に乗って、1950年に地球にやってきます。
そして、肉体に慣れるために、チベットの僧院でしばらく暮らし
それから、アメリカに渡り、交通事故で亡くなったシーラと
その場で入れ替わります(ウォークインですね。。)
 
そこから、オムネクは地球での想像を絶する大変な苦労を経験し
30年間、自分の素性を一切あかさず、耐えてきたのですが
1991年に金星の指導者たちからの助言を受けて、
国際UFO会議で自分の素性をあかし、それから
世界平和と人類の発展のために、執筆活動や講演活動を続けているとのこと。

魂のこと、アストラル界、次元について
潜在意識、カルマの法則、マントラ、輪廻転生について、など
いろんなスピリチュアルな学びがある本でした。

金星では貧困や犯罪、戦争はなく、病気もありません。
寿命は何百歳にもなるそう。
すべてテレパシーがコミュニケーション手段であり
未来を展望することも、過去生を思い出すこともでき
時間を退行したり前進したりすることも学ぶのだそうです。
思念で物体を動かすことも顕在化することもできるそう。

貨幣制度はなく、生活のために何かをしなければならないということは、何もありません。
ここでは、みんなそれぞれの魂がやりたいと感じる仕事だけを行っています。

もともとはこの金星でも、このような世界ではなく
今の地球と同じように戦争や貧困があり、一部の人たちが財と権力を持って
多くの人をコントロールしていた状態だったそうですが
都会を捨て、田舎で自給自足を始め、
誰にもコントロールされない生活を作りあげっていったことから、
それを人々がみんな意識レベルを上げていって、最終的には
みんな物質世界からアストラル界へとアセンションをとげることができたそうです。

地球も今アセンションに向かっていますが、それは劇的な変化ではなくゆるやかなプロセスだそうです。

ヒーリングのことについても話してます。
自分自身が自分を癒す力を持った神聖な存在であることを知ること。
他の人を癒そうとするよりも、自分を癒すことのほうがずっと良いことだし、
他人にヒーリングするときは許可を得ることが大切だそうです。
(ドランヴァロもフラワーオブライフで書いてました)

訳者のあとがきも印象的でした。。。
オムネクと訳者は前世で何度一緒だったらしいのです。
フランスではアーティストで友人、中国では老子の元で共に学び、日本でも一緒だったと。


老子・・・
私が高校の倫理の授業で老子を勉強した時、とても惹かれた哲学者です。
『自然にかえれ』その言葉はずっと胸の奥で今も響いてます。
あらためてじっくり本を読みたくなって今日ネット注文しました。
現世で興味のある場所や趣味や人は、前世でもつながりの深い場合が多いんですよね。

追記
「NARUTO」もこの連休中TUTAYAで借りて読んでます(^^)
40巻あたりから読み直し72巻で完です!!
時々感動してウルウルとなりながら。




posted by Mina at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

『天国は本当にある』

イエスさま2.jpg

この絵は、臨死体験をした少女アキアネが天国で会ったイエス様を書いた絵です。
去年この絵をネットで見た時、くぎづけになりました。
その優しい微笑みを見てるだけで心が安らいだからです。
パソコンやスマホの待ち受けにしたりして見てました。


4歳の男の子コルトンくんが虫垂炎の手術の最中、
生死をさまよいながらも一命を取り留め意識を取り戻してから天国の話をしだしました。
そして、イエス様にも会ったことも話し、
そのイエス様はアキアネが書いたこの絵と同じだよと言ったそうです(^^)
コルトン君の体験談は『天国はほんとうにある』という映画になってます。

2日前、その映画を偶然見ました。
スカパーの映画をたまたま録画してたんです(^^)!
心があったかくなる映画でした。。。


色々メッセージがやってきて、つながっていきます。

すべてに感謝です。。










続きを読む
posted by Mina at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

エドガーケイシーの言葉

久しぶりにエドガーケイシーの本を読みました。リーディングの先駆者であるケイシーは霊魂、夢、瞑想、祈り、ホリスティックヒーリングなどたくさんのことを伝えてくれてます。


ヨガに参加してくださってる方のお話ですが、
乾癬(かんせん)という病気になったそうです。乾癬は昔不治の病と言われていた病なんですが、病院からもらった薬を飲むのが嫌で…エドガーケイシーの本に書かれてある治療法で自力で治してしまったそうなんです!

すごいですよね(≧∇≦)

その方、「生かされているんだなあ」ってしみじみおっしゃってました。


で、私もTさんから頂いたケイシーの本を読み直したんですね。

『自分の内に目を向けよ…
なぜなら、汝の肉体は寺院だからだ。
神はそこで汝と会うと約束した。
そこで汝も神と接触できよう。』

外ではなく、内なんですよね。。。
改めて感じた静かな夜でした。


すべてに感謝です。






posted by Mina at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

アインシュタイン

先日、100年前にアインシュタインが予言していた時空のさざ波、重力波の観測に成功したそうです。
でも私は、アインシュタインが娘に送った下記の手紙に感動しました。



アルベルト・アインシュタインから娘への手紙:



1980年代の末、有名な天才アインシュタインの娘リーゼルは、父から彼女に宛てられた1400通の手紙を、父親の死後20年間は内容を公開しないという指示を添えて、ヘブライ大学に寄付しました。
これはリーゼル・アインシュタイン宛ての手紙の中の1通です。


アインシュタイン


「私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか私を理解しなかったが、私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。

必要に応じて何年でも何十年でも、私が下に説明することを社会が受け容れられるほど進歩するまで、お前にこの手紙を守ってもらいたい。

現段階では、科学がその正式な説明を発見していない、ある極めて強力な力がある。それは他のすべてを含みかつ支配する力であり、宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、しかも私たちによってまだ特定されていない。この宇宙的な力は愛だ。

科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らはこの最も強力な見知らぬ力を忘れた。
愛は光だ。
それは愛を与えかつ受け取る者を啓発する。
愛は引力だ。
なぜならある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。
愛は力だ。
なぜならそれは私たちが持つ最善のものを増殖させ、人類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。
愛は展開し、開示する。
愛のために私たちは生き、また死ぬ。
愛は神であり、神は愛だ。

この力はあらゆるものを説明し、生命に意味を与える。
これこそが私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。
それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを学んでいない宇宙の中の唯一のエネルギーであるため、私たちが愛を恐れているからだろう。

愛に視認性を与えるため、私は自分の最も有名な方程式で単純な代用品を作った。
「E = mc2」の代わりに、私たちは次のことを承認する。
世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、愛には限界がないため、愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った、と。

私たちを裏切る結果に終わった宇宙の他の諸力の利用と制御に人類が失敗した今、私たちが他の種類のエネルギーで自分たちを養うのは急を要する。

もし私たちが自分たちの種の存続を望むなら、もし私たちが生命の意味を発見するつもりなら、もし私たちがこの世界とそこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、愛こそが唯一のその答えだ。

恐らく私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと身勝手さと貪欲を完全に破壊できる強力な装置、愛の爆弾を作る準備はできていない。

しかし、それぞれの個人は自分のなかに小さな、しかし強力な愛の発電機をもっており、そのエネルギーは解放されるのを待っている。

私たちがこの宇宙的エネルギーを与えかつ受け取ることを学ぶとき、愛しいリーゼル、私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛には何もかもすべてを超越する能力があることを確信しているだろう。なぜなら愛こそが生命の神髄(クイントエッセンス)だからだ。

私は自分のハートの中にあるものを表現できなかったことを深く悔やんでおり、それが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。
恐らく謝罪するには遅すぎるが、時間は相対的なのだから、私がお前を愛しており、お前のお陰で私が究極の答えに到達したことを、お前に告げる必要があるのだ」。

お前の父親
アルベルト・アインシュタイン
posted by Mina at 16:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

うん、分かるなあ

常に「死を意識している」人たちが、人生を最高に楽しんでいる9つのワケ

読んでみて下さいね〜右矢印2

http://tabi-labo.com/105993/death-living/
posted by Mina at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

お勧めの本

「臨死体験」が教えてくれた宇宙のしくみ〜木内鶴彦

彗星探索家としても有名な木内氏が2度の臨死体験で知ったことが書かれている本です。
すご〜く興味深かったし、共鳴できるお話がたくさんありました。

宇宙がどうやってできたのか、
人類がなんのためにうまれたのか。

木内氏は言います。

世の中にいらない人など一人もいない。
私たちはこの地球の環境の中で誕生した人間という種類の中で
それぞれのキャラクターの役割があるのです。と

役割とは何かと言えば、自分で探すしかありません。
何をしているとき、自分は楽しいのか。
何をしているとき、時間を忘れて没頭できるのか。
そして、
何をしているとき、「見返りはいらない」と思うのか。
それこそが本当の役割です。と

新しい村づくりの構想も書かれてありましたが、
ぜひともそんな村に暮らしてみたいと思いました(^^)



posted by Mina at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

『戦争のつくりかた』

『戦争のつくりかた』りぼん・ぷろじぇくと 

この本を買ったのは8年ほど前で、子供たちに読ませたいと思ったからでした。
いま、この本は売り切れになってるそうです。

こんなにも簡単に戦争ができる国になってしまう。。。
集団的自衛権の行使が7月1日(明日)閣議決定されようとしてる日本は、
いまどこまですすんでいるんでしょうか?


『戦争のつくりかた』こちらのサイトでも見ることができますよ。



どうか、日本が戦争してもいい国、人を殺し殺されてもいい国になりませんように・・・。

私たち国民が憲法9条と平和を守らなければ・・・!





posted by Mina at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

カワヒラくん、読みました!

51M+d6++smL__SL500_AA300_.jpg


阿部敏郎さんの新刊「招き猫 カワヒラくんが教えてくれた幸運の流れに乗る生き方」の本を読みました。

昨日の夜から読みだして、今朝の5時からまた読んで、
ちょびっと泣いて感動して、あっという間に読んじゃいました。

いや〜、共感するとこ多くてね。

阿部さん宅には今、野良猫だった猫が10匹もいるそうなんですよ。
あらら、
じゃ、うちもまだまだ飼えるな〜なんて思っちゃった。ぷぷぷ。


カワヒラくんを拾ってからというもの、
カワヒラくんに導かれるように、次々に出会いがあって・・・
今の阿部になっていったんだそうです。


『もしかしたら、あの寒い夜、天は僕たち家族を試すために、
あんなみすぼらしい姿をした天使を送り込んだのかもしれません。
愛すれば愛するほどに人は成長し、
成長すればするほど愛に溢れて行くでしょう。
愛と成長は車の両輪となって、
われわれを成功への道にいざなってくれるものだと思います。
世界が平和でありますように。
人類はもちろんのこと、すべての生き物たちの命の尊厳が守られますように。』

と書いてありました。


阿部さんと奥さんの智子さん、
講演会や瞑想で何度かお会いしたことがありますが、
この本を読んでますます好きになりました。

阿部さんは、命の尊厳を大切に思ってか、
みんなで一緒にご飯を食べに行った時も、肉は食べなかったです。

人間も、ねこも、動物も、すべての命が、
大いなる命そのもので、ひとつなんだ。

それを体験した阿部さんだからこそ、人もねこも集まってくるんだと思います。


「金のガチョウ」は自分の中にあるそうですよ(^^)


阿部さんの本の中で一番好きな本でした。









posted by Mina at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

TRE(トラウマ解放エクササイズ)無料WS



5月30日〜仙台・福島で無料WSが開かれます!
素晴らしいエクササイズですよ(^^)

posted by Mina at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「かみさまとの約束」上映会


「かみささとの約束」〜胎内記憶を語る子供たち〜
もう明日ですが(^^;)上映されます。
昼の部はもう満席ですが、夜の部は大丈夫みたいです!!
残念ながら、私は行けませんが・・・(;;)



イベント名:仙台「かみさまとのやくそく」上映会&クリスタルボウルの響き

●時間:

13:00〜開場
13:30〜開演  クリスタルボウル演奏(クリスタルボウル奏者:遠藤園子・ホリスティックセラピー研究所主宰)
14:00〜『かみさまとのやくそく』映画上映

16:30 開場
17:00〜『かみさまとのやくそく』映画上映
19:00 終了


●会場:せんだいメディアテーク スタジオシアター

〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1


●会場電話番号:022-713-3171
(*イベントのお申込みやお問合せは、主催者さまへ直接ご連絡お願いいたします!


●定員:180名(予約優先)


●料金:大人1,500円・こども1,000円(小学校以下)

※大人のひざの上でご覧になる子供さんは無料。1席お取りになる場合、上記料金。
※夜の部は上映会のみです。


●お申し込み・お問合せ
電話:090−1062−4546
メールアドレス:yuruyururetreat@yahoo.co.jp

申込みフォーム http://kokucheese.com/event/index/155418/
FBページhttps://www.facebook.com/events/607033529365877/?fref=ts


●主催:ゆるゆるリトリート

posted by Mina at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

『光の秘密』

51UPA1RtgfL__SS400_.jpg

Cちゃんから借りた本『光の秘密 天国からのレッスン』
とっても感動する本でしたよ〜!!
読んですごく良かったので、私も購入しようと思ったら
先日紹介した『喜びから人生を生きる』の本を見つけて、そちらを購入してしまったんですね〜(^^)

で、昨日もう一度読み返しました。

3度も臨死体験するってすごいですよね!

1回目は雷に打たれ、全身焼かれて臨死体験するんですね。
そこで12の光の存在に導かれ、
人間の形をとっている私たちにとって愛が真実の存在状態であり、
死などいうものは存在しないこと、
生命は愛と同じように永遠であることをはっきりと知ったんですね〜。

人生レビューでは、自分の人生を360度のパノラマレビューで見せらる。
それは、自分の人生の体験だけではなく、
自分と関わったすべての人になり、その感情を味わう・・・。
でも、宇宙は善悪を裁くことは決してない。
追体験し、認めることで、真の赦しを体験し、魂の救済がなされる。

ビックリしたのは、
天国では、大胆にも人生という大冒険に飛び込んだといいう理由で、
わたしたちは英雄と思われていて、
霊の国を後にして物質世界に生まれるには、
計り知れないほど強い意志が必要で、
光の存在は力を貸そうといつもそばにいてくれてるそうです(^^)


3回目の臨死体験で行ったブルーグレーの場所・・・。
迷える魂が自分の不幸な人生を再生し続けていたそうです。。。
そこは地獄ではなく、天界の意識の一部で、
私たちの個人的な誤解を洗い落とす場所だそうです。。
この体験をもとに、私たちがこの世界でどんなふうに生きていきばいいのかを話してくれてました。
霊的持続可能な世界にするためには、どうしたらいいのか。

意識的な深呼吸と瞑想を毎日の習慣にしている作者ですが、
愛と感謝をブレンドして祈りを捧げると、
計り知れないほど宇宙がバランスを保つ助けになるそうです。

「奇跡のコース」の引用もたくさん出てきます。


感動した言葉はたくさんあるのですが・・・

『私たちが人生で「何を」するかより、「なぜ」それをするかのほうがはるかに大切なのだ』

『誰かがあなたに贈り物をすると、それはプレゼントと呼ばれる。
私たちが今日与えられたのは「今現在(英語でプレゼント)だ。
今が、私たちが世界をよりよいものにできると本当に知るまさにその瞬間だ』


ほう〜!!!
私たちは、今この瞬間(プレゼント)、宇宙から、神から、
プレゼントを与えられているんですね〜。
素敵すぎます(^^)


このプレゼントをどう使うかは、私たちの自由意思に任されていますが、
自分の愛と平和のために、
世界の調和のために使いたいな〜って思いました(^^)



この本が私の元にきてくれたことに感謝です。。。
Cちゃんありがとう〜。

すべてに感謝です。。。








posted by Mina at 09:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

『喜びから人生を生きる』


2014012719420000.jpg



「末期癌から生還したアニータのすばらしいメッセージをぜひ、読んでください。人生が変わります。」
(山川紘矢氏、亜希子氏推薦! )

著者は臨死体験によって大きな気づきを得、その結果、癌が数日で消えてしまった奇跡の実話
病気の本当の原因は、「恐れ」だった……
(医療記録付)

私の癌が治ったのは、心の状態や信念が変わったことよりも、
自分の真の魂が輝き始めたおかげだとはっきり言いたいと思い
ます。多くの人から、プラス思考のおかげで治ったのかと尋ね
られましたが、そうではありません。臨死体験の最中に私がお
かれていた状況は、心の持ち様をはるかに超えたものでした。
私の癌が治ったのは、自分の有害な思考が完全に消えてなくな
ったからです。(本文より)



1週間くらいであっという間に読み終えた本です!!
すばらしい本でしたよ〜。


感動したことたくさん書きたいのですが、
病気になって不安になってる友人にさっそく貸してしまいました。

たくさんの方に読んでほしいな〜と思う本でした(^^)



posted by Mina at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

「祈り」上映会

2月22日(土)、仙台メディアテークで
「祈り」〜サムシンググレートとの対話
上映会があります!!
素晴らしい映画です(^^)たくさんの方に観てほしい映画です。。。

ホームページはこちら→
http://inori2012.com/sakuhin/index.html

昨年観たときの感想を書いたブログはこちら→
http://m-winwin.seesaa.net/article/349171848.html

映画にも出演している村上和雄氏の本(「人はなんのために祈るのか」)を読んだ感想はこちら→
http://m-winwin.seesaa.net/article/362595140.html


posted by Mina at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

心屋さんの言葉

心屋仁之助さんの「心が風になる」のブログです。

この記事良かったですよ〜(^^)
『自分軸と成功者』

http://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-11698567005.html


「自分の今に感謝できる人を成功者とよぶ」


うん、なるほろ〜!!

私の周りには、成功者がいっぱいいる気がする(^^)
お金持ちとか、地位があるとか、そんなんじゃなくて、
その人のそばにいるだけで、優しくなれるな〜って人。

そんな人は、やっぱりいろんなことに感謝してる人で、
周りから見ると大変だな…って思うことも、
受け入れて、そして笑って、楽しく生きてる。
そんな人のそばにいると、
どんなにすごいお金持ちより、どんなに頭のいい人より、
私は「すごい人だ〜!」って感心してしまう。

その人はハートがあったかいんです。

心屋さんのブログ見て、
なるほど・・・そんな人のことを成功者と呼ぶのか〜って思いました。


私も、幸せって不幸がないことだと思ってました(^^;)
でも、幸せって、心が今どう在るかなんですよね。

心が平安だと、いやなことって起こらなくなる。
というか、以前はそれがいやなこと、不幸なことだと思ってたのに、
不幸だと思わなくなったんですよね。
事象はただ起こる
起こることに、心がどう反応するかの違いで「幸」「不幸」を決めてる。

すべては心なんですね。。。


私のまわりには、キラキラ心輝く人たちがいっぱいです。
ヨガにいらっしゃる方々はみんな心優しい方たちです。
ほんとに、合掌して拝みたくなる。
いつもありがとうございます。。。











posted by Mina at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

12月開催 TRE(トラウマ解放エクササイズ)

12月にTRE(トラウマ解放エクササイズ)が開催されます!
宮城県・福島県の方は無料で受けることができます。

TRE(トラウマ開放エクササイズ)は、
簡単な運動で自分の身体の持つ仕組みを使ってトラウマやストレスを
解放できるというもので、世界中の自然災害や戦争のある地域などで
即効性があり効果の高い治療法として評価されています。



私も受けたことがありますが、すばらしいエクササイズですよ(^^)
その時の体験談はこちら ↓

http://m-winwin.seesaa.net/article/274895966.html



詳細・申し込みは下記のサイトからお願いします。


http://www.tre-japan.com/ワークショップ/東北無料ワークショップ/

posted by Mina at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

『あした死ぬかもよ?』

51IOu+zu+fL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg


「あした死ぬかもよ?」ひすいこたろう

親友がくれたお勧めの本です(^^)

「はい。あなたはたったいま死にました」から始まる、なんとも不思議な本です。

アメリカで90才以上のご老人に
「90年の人生を振り返って唯一後悔してることはなんですか?」という質問をしたそうです。

なんと90%の人が
「もっと冒険しておけばよかった」と答えたそうです!


この本の27の質問を読んでいくと、
自分の心が何を大切にしていて、どんなふうに生きたいと思っているのか、
すご〜く分かっちゃう本なんですね。


言葉たらずな私は、この感動をどう言い表したらいいのか分かりません。。。
でも、ほんと、
人生最後の日に笑って死ねるって思える本です(^^)


いつも、心に響く本をくれる友人に感謝でいっぱいです。

「生きてるだけでもうけもん!」いつもそう言って笑ってる友人です(^^)


いつもありがとう♪













posted by Mina at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歌・映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする